Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx mainline 1.19.2 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx mainlineの最新バージョン 1.19.2がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20200812115905p:plain

更新内容は、以下の通り。

Changes with nginx 1.19.2                                        11 Aug 2020

*) Change: now nginx starts closing keepalive connections before all free worker connections are exhausted, and logs a warning about this to the error log.
*) Change: optimization of client request body reading when using chunked transfer encoding.
*) Bugfix: memory leak if the "ssl_ocsp" directive was used.
*) Bugfix: "zero size buf in output" alerts might appear in logs if a FastCGI server returned an incorrect response; the bug had appeared in 1.19.1.
*) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process if different large_client_header_buffers sizes were used in different virtual servers.
*) Bugfix: SSL shutdown might not work.
*) Bugfix: "SSL_shutdown() failed (SSL: ... bad write retry)" messages might appear in logs.
*) Bugfix: in the ngx_http_slice_module.
*) Bugfix: in the ngx_http_xslt_filter_module.

http://nginx.org/en/CHANGES

日本語訳は、以下となります。

Changes with nginx 1.19.2                                        11 Aug 2020

*)変更:nginxは、すべての空きワーカー接続が使い果たされる前にキープアライブ接続のクローズを開始し、これに関する警告をエラーログに記録するようになった。
*)変更:チャンク転送エンコーディングを使用する場合のクライアントリクエストボディの読み取りの最適化。
*)バグ修正:"ssl_ocsp"ディレクティブが使用された場合のメモリリーク。
*)バグ修正:FastCGIサーバが誤った応答を返した場合、ログに"zero size buf in output"というアラートが表示されることがありました。このバグは1.19.1で発生していました。
*)バグ修正:異なる仮想サーバで異なるlarge_client_header_buffersサイズが使用されている場合、ワーカープロセスでセグメンテーション障害が発生する可能性がありました。
*)バグ修正:SSLシャットダウンが機能しない可能性がありました。
*)バグ修正:"SSL_shutdown()failed(SSL:.bad write retry)""メッセージがログに表示される場合がありました。
*)バグ修正:ngx_http_slice_module
*)バグ修正:ngx_http_xslt_filter_module



今年の盆は外出を控えようかなと思っていたので、
nginxで色々試しましょうかね。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai