Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx njs-0.3.6 released.

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

igore sysoevさんと一緒



nginx njsの最新バージョン 0.3.6がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20191023070346p:plain

https://nginx.org/

 

 

 

Changelogs

更新内容は、以下の通り。

https://nginx.org/en/docs/njs/changes.html

Changes with 0.3.6

Release Date: 22 October 2019

nginx modules:
Improvement: getting special headers from r.headersIn{}.
Core:
Feature: added new Function() support.
Feature: added Number.prototype.toFixed().
Feature: added Number.prototype.toPrecision().
Feature: added Number.prototype.toExponential().
Improvement: making prototype property of function instances writable.
Improvement: limiting recursion depth while compiling.
Improvement: moving global functions to the global object.
Bugfix: fixed prototype mutation for object literals.
Bugfix: fixed heap-buffer-overflow while parsing regexp literals.
Bugfix: fixed integer-overflow while parsing exponent of number literals.
Bugfix: fixed parseFloat().
Bugfix: fixed Array.prototype functions according to the specification. The following functions were fixed: every, includes, indexOf, filter, find, findIndex, forEach, lastIndexOf, map, pop, push, reduce, reduceRight, shift, some, unshift.
Bugfix: fixed handing of accessor descriptors in Object.freeze().
Bugfix: fixed String.prototype.replace() when first argument is not a string.
Bugfix: fixed stack-use-after-scope in Array.prototype.map().
Bugfix: Date.prototype.toUTCString() format was aligned to ES9.
Bugfix: fixed buffer overflow in Number.prototype.toString(radix).
Bugfix: fixed Regexp.prototype.test() for regexps with backreferences.
Bugfix: fixed Array.prototype.map() for objects with nonexistent values.
Bugfix: fixed Array.prototype.pop() and shift() for sparse objects.
Bugfix: fixed Date.UTC() according to the specification.
Bugfix: fixed Date() constructor according to the specification.
Bugfix: fixed type of Date.prototype. Thanks to Artem S. Povalyukhin.
Bugfix: fixed Date.prototype.setTime(). Thanks to Artem S. Povalyukhin.
Bugfix: fixed default number of arguments expected by built-in functions.
Bugfix: fixed caller and arguments properties of a function instance. Thanks to Artem S. Povalyukhin.

 

 

Changelogs(日本語訳)

日本語訳は、以下の通りです。

Changes with 0.3.6

Release Date: 22 October 2019

nginxモジュール:
改善:r.headersIn {}から特別なヘッダーを取得します。
Core:
機能追加:新しいFunction()サポートが追加されました。
機能追加:Number.prototype.toFixed()を追加しました。
機能追加:Number.prototype.toPrecision()を追加しました。
機能追加:Number.prototype.toExponential()を追加しました。
機能改善:関数インスタンスのプロトタイププロパティを書き込み可能にします。
機能改善:コンパイル中に再帰の深さを制限します。
機能改善:グローバル関数をグローバルオブジェクトに移動。
バグ修正:オブジェクトリテラルのプロトタイプの突然変異を修正。
バグ修正:正規表現リテラルの解析中のheap-buffer-overflowが修正されました。
バグ修正:数値リテラルの指数の解析中の整数オーバーフローを修正。
バグ修正:parseFloat()を修正。
バグ修正:仕様に従ってArray.prototype関数を修正。次の機能が修正されました:every、includes、indexOf、filter、find、findIndex、forEach、lastIndexOf、map、pop、push、reduce、reduceRight、shift、some、unshift。
バグ修正:Object.freeze()のアクセサー記述子の処理を修正。
バグ修正:最初の引数が文字列でない場合のString.prototype.replace()を修正。
バグ修正:Array.prototype.map()のstack-use-after-scopeを修正。
バグ修正:Date.prototype.toUTCString()形式がES9に合わせられました。
バグ修正:Number.prototype.toString(radix)のバッファオーバーフローを修正。
バグ修正:後方参照のある正規表現のRegexp.prototype.test()が修正されました。
バグ修正:存在しない値を持つオブジェクトのArray.prototype.map()を修正。
バグ修正:スパースオブジェクトのArray.prototype.pop()およびshift()を修正。
バグ修正:仕様に従ってDate.UTC()を修正。
バグ修正:仕様に従ってDate()コンストラクターを修正。
バグ修正:Date.prototypeのタイプを修正。 Artem S. Povalyukhinに感謝します。
バグ修正:Date.prototype.setTime()を修正。 Artem S. Povalyukhinに感謝します。
バグ修正:組み込み関数で予想される引数のデフォルト数を修正。
バグ修正:関数インスタンスの呼び出し側と引数のプロパティを修正。 Artem S. Povalyukhinに感謝します。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai