Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx njs-0.4.3 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginxのjavascriptモジュールであるnjsの最新バージョン 0.4.3がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20200812115905p:plain

更新内容は、以下の通り。

Changes with njs 0.4.3
Release Date: 11 August 2020

Core:
Feature: added Query String module.
Feature: improved fs.mkdir() to support recursive directory creation. Thanks to Artem S. Povalyukhin.
Feature: improved fs.rmdir() to support recursive directory removal. Thanks to Artem S. Povalyukhin.
Feature: introduced UTF-8 decoder according to WHATWG encoding spec.
Feature: added TextEncoder/TextDecoder implementation.
Bugfix: fixed parsing return statement without semicolon.
Bugfix: fixed njs_number_to_int32() for big-endian platforms.
Bugfix: fixed unit test on big-endian platforms.
Bugfix: fixed regexp-literals parsing with “=” characters.
Bugfix: fixed pre/post increment/decrement in assignment operations.

http://nginx.org/en/CHANGES

http://nginx.org/en/docs/njs/changes.html



日本語訳は、以下となります。

Changes with njs 0.4.3
Release Date: 11 August 2020

Core:
機能追加:Query Stringモジュールを追加した。
機能追加:再帰的なディレクトリ作成をサポートするように、fs.mkdir()を改善した。Artem S.Povalyukhinに感謝。
機能追加:再帰的なディレクトリ削除をサポートするように、fs.rmdir()を改善した。Artem S.Povalyukhinに感謝。
機能追加:WHATWG符号化仕様に従ってUTF-8デコーダを導入した。
機能追加:TextEncoder/TextDecoderの実装を追加した。
バグ修正:セミコロンなしの解析戻りステートメントを修正した。
バグ修正:ビッグエンディアンプラットフォーム用にnjs_number_to_int32()を修正した。
バグ修正:ビッグエンディアンプラットフォームでのユニットテストを修正した。
バグ修正:"="文字で解析するregexp-literalsを修正した。
バグ修正:割り当て操作の前後のインクリメント/デクリメントを修正した。



じわじわと機能拡張するnjs、いいですね。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai