Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx njs-0.5.1 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginxのjavascriptモジュールであるnjsの新バージョン 0.5.1がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20210217154713p:plain:w400
http://nginx.org/

更新内容は、以下の通り。
http://nginx.org/en/docs/njs/changes.html

Changes with njs 0.5.1
Release Date: 16 February 2021

nginx modules:
  Feature: introduced ngx.fetch() method implementing Fetch API.
  The following properties and methods of Response object are implemented: arrayBuffer(), bodyUsed, json(), headers, ok, redirect, status, statusText, text(), type, url.
  Notable limitations: only the http:// scheme is supported, redirects are not handled.
  In collaboration with 洪志道 (Hong Zhi Dao).
  Feature: added the js_header_filter directive.
  Bugfix: fixed processing buffered data in body filter in stream module.

Core:
  Bugfix: fixed safe mode bypass in Function constructor.
  Bugfix: fixed Date.prototype.toISOString() with invalid date values.



日本語訳は、以下になります。

Changes with njs 0.5.1
Release Date: 16 February 2021

nginxモジュール:
機能追加:Fetch APIを実装するngx.fetch()メソッドが導入されました。
     Responseオブジェクトのプロパティとメソッドが実装されました:arrayBuffer(),bodyUsed,json(),ヘッダ,ok,redirect,status,statusText,text(),type,url。
        顕著な制限:http://スキームだけがサポートされ、リダイレクトは処理されません。
        洪志道(Hong Zhi Dao)とのコラボレーション。
機能追加:js_header_filterディレクティブが追加されました。
バグ修正:ストリームモジュール内のボディフィルタバッファデータの処理が修正されました。

Core:
バグ修正:関数コンストラクタのセーフモードバイパスが修正されました。
バグ修正:日付値が無効なDate.prototype.toISOString()が修正されました。



Opensourcetech by Takahiro Kujirai