Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.21.0 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx unitの新バージョン 1.21.0がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20201120085901p:plain:w400
http://nginx.org/


更新内容は、以下の通り。
https://unit.nginx.org/CHANGES.txt

Changes with Unit 1.21.0                                         19 Nov 2020

*) Change: procfs is mounted by default for all languages when "rootfs" isolation is used.
*) Change: any characters valid according to RFC 7230 are now allowed in HTTP header field names.
*) Change: HTTP header fields with underscores ("_") are now discarded from requests by default.
*) Feature: optional multithreaded request processing for Java, Python, Perl, and Ruby apps.
*) Feature: regular expressions in route matching patterns.
*) Feature: compatibility with Python 3.9.
*) Feature: the Python module now supports ASGI 2.0 legacy applications.
*) Feature: the "protocol" option in Python applications aids choice between ASGI and WSGI.
*) Feature: the fastcgi_finish_request() PHP function that finalizes request processing and continues code execution without holding onto the client connection.
*) Feature: the "discard_unsafe_fields" HTTP option that enables discarding request header fields with irregular (but still valid) characters in the field name.
*) Feature: the "procfs" and "tmpfs" automount isolation options to disable automatic mounting of eponymous filesystems.
*) Bugfix: the router process could crash when running Go applications under high load; the bug had appeared in 1.19.0.
*) Bugfix: some language dependencies could remain mounted after using "rootfs" isolation.
*) Bugfix: various compatibility issues in Java applications.
*) Bugfix: the Java module built with the musl C library couldn't run applications that use "rootfs" isolation.



日本語訳は、以下になります。

Changes with Unit 1.21.0                                         19 Nov 2020

*)変更:"rootfs" isolationを使用すると、すべての言語でデフォルトでprocfsがマウントされるようになった。
*)変更:RFC7230に従って有効な任意の文字が、HTTPヘッダーフィールド名で許可されるようになった。
*)変更:アンダースコア(_)付きのHTTPヘッダー・フィールドは、デフォルトで要求から破棄されるようになった。
*)機能追加:Java、Python、Perl、およびRubyアプリケーション用のオプション(マルチスレッド要求処理)。
*)機能追加:ルートマッチングパターンの正規表現。
*)機能追加:Python3.9との互換性。
*)機能追加:PythonモジュールがASGI2.0レガシーアプリケーションをサポートするようになった。
*)機能追加:Pythonアプリケーションの"protocol"オプションは、ASGIとWSGIの選択に役立ちます。
*)機能追加:fastcgi_finish_request()PHP関数。リクエスト処理を終了し、クライアント接続を保持せずにコードの実行を継続します。
*)機能追加:"discard_unsafe_fields"HTTPオプション。このオプションは、フィールド名に不正な(しかしまだ有効な)文字が含まれる要求ヘッダーフィールドを廃棄できるようにします。
*)機能追加:"procfs"および"tmpfs"自動マウントisolationオプションにより、上位ファイルシステムの自動マウントを無効にします。
*)バグ修正:Goアプリケーションを高負荷で実行すると、ルータプロセスがクラッシュする可能性があった。このバグは1.19.0で発生しました。
*)バグ修正:"rootfs" isolationを使用した後、一部の言語依存性がマウントされたままになる可能性があった。
*)バグ修正:Javaアプリケーションにおけるさまざまな互換性の問題。
*)バグ修正:musl Cライブラリで構築されたJavaモジュールは、"rootfs" isolationを使用するアプリケーションを実行できなかった。



rootfs周りに多く手が入ってますね。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai