Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

Pacemakerの設定を編集する(crm configure edit)


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

Pacemakerにおける設定編集方法に関するメモです。

編集には、crm configure editを使います。
すると、vimと同様に操作して編集が可能となります。

[root@db01 ~]# crm configure edit



なお、リソース稼働中には編集ができないものがあった場合、以下のようになり編集が完了できません。

[root@db01 ~]# crm configure edit
ERROR: Cannot delete running resources: prmPing-clone
Edit or discard changes (yes to edit, no to discard) (y/n)?



この場合、該当するリソースを一旦スタンバイにしてやれば編集が可能となります。

[root@db01 ~]# crm node standby db01
[root@db01 ~]# crm node standby db02


スタンバイから戻すには、以下のようにします。

[root@db01 ~]# crm node online db01
[root@db01 ~]# crm node online db02


また、pcsコマンドも使えるようであればpcs cluster standby node名pcs cluster unstandby node名でも可能ですね。


おまけ
リソースの編集内容について

Opensourcetech by Takahiro Kujirai