Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.24.0 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx unit の最新バージョン、1.24.0がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20210528205615p:plain:w400 http://nginx.org/


更新内容は、以下の通り。
https://unit.nginx.org/CHANGES.txt

Changes with Unit 1.24.0                                         27 May 2021

*) Change: PHP added to the default MIME type list.
*) Feature: arbitrary configuration of TLS connections via OpenSSL commands.
*) Feature: the ability to limit static file serving by MIME types.
*) Feature: support for chrooting, rejecting symlinks, and rejecting mount point traversal on a per-request basis when serving static files.
*) Feature: a loader for automatically overriding the "http" and "websocket" modules in Node.js.
*) Feature: multiple "targets" in Python applications.
*) Feature: compatibility with Ruby 3.0.
*) Bugfix: the router process could crash while closing a TLS connection.
*) Bugfix: a segmentation fault might have occurred in the PHP module if fastcgi_finish_request() was used with the "auto_globals_jit" option enabled.



日本語訳は、以下となります。

Changes with Unit 1.24.0                                         27 May 2021

*)変更:PHPがデフォルトのMIMEタイプリストに追加された。
*)機能追加:OpenSSLコマンドを介したTLS接続の任意の構成。
*)機能追加:MIMEタイプによって静的ファイルの提供を制限する機能。
*)機能追加:静的ファイルを提供する際のリクエストごとのchrooting、シンボリックリンクの拒否、およびマウントポイントトラバーサルの拒否のサポート。
*)機能追加:Node.jsの"http"および"websocket"モジュールを自動的にオーバーライドするためのローダー。
*)機能追加:Pythonアプリケーションの複数の"ターゲット"。
*)機能追加:Ruby3.0との互換性。
*)バグ修正:TLS接続を閉じるときにルータープロセスがクラッシュする可能性がありました。
*)バグ修正:"auto_globals_jit"オプションを有効にしてfastcgi_finish_request()を使用した場合、PHPモジュールでセグメンテーション違反が発生する可能性がありました。  



利用中の方は、更新を忘れずに!

Opensourcetech by Takahiro Kujirai