Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.22.0 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx unitの新バージョン 1.22.0がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20210205142517p:plain:w400 http://nginx.org/


更新内容は、以下の通り。
https://unit.nginx.org/CHANGES.txt

Changes with Unit 1.22.0                                         04 Feb 2021

*) Feature: the ServerRequest and ServerResponse objects of Node.js module are now compliant with Stream API.
*) Feature: support for specifying multiple directories in the "path" option of Python apps.
*) Bugfix: a memory leak occurred in the router process when serving files larger than 128K; the bug had appeared in 1.13.0.
*) Bugfix: apps could stop processing new requests under high load; the bug had appeared in 1.19.0.
*) Bugfix: app processes could terminate unexpectedly under high load; the bug had appeared in 1.19.0.
*) Bugfix: invalid HTTP responses were generated for some unusual status codes.
*) Bugfix: the PHP_AUTH_USER, PHP_AUTH_PW, and PHP_AUTH_DIGEST server variables were missing in the PHP module.
*) Bugfix: the router process could crash with multithreaded apps under high load.
*) Bugfix: Ruby apps with multithreading configured could crash on start under load.
*) Bugfix: mount points weren't unmounted when the "mount" namespace isolation was used; the bug had appeared in 1.21.0.
*) Bugfix: the router process could crash while removing or reconfiguring an app that used WebSocket.
*) Bugfix: a memory leak occurring in the router process when removing or reconfiguring an application; the bug had appeared in 1.19.0.



日本語訳は、以下になります。

Changes with Unit 1.22.0                                         04 Feb 2021

*)機能追加:Node.jsモジュールのServerRequestオブジェクトとServerResponseオブジェクトがStream APIに準拠するようになりました。
*)機能追加:Pythonアプリケーションの"path"オプションで複数のディレクトリを指定することができるようになりました。
*)バグ修正:128Kより大きいファイルを処理する際にルータプロセスでメモリリークが発生していました。バグは1.13.0で現れました。
*)バグ修正:アプリケーションは高負荷の下で新しい要求の処理を停止する可能性がありました。バグは1.19.0で現れました。
*)バグ修正:アプリケーションプロセスが高負荷で突然終了する可能性がありました。バグは1.19.0で現れました。
*)バグ修正:一部の異常なステータスコードに対して無効なHTTP応答が生成されていました。
*)バグ修正:PHP_AUTH_USER、PHP_AUTH_PW、およびPHP_AUTH_DIGESTサーバー変数がPHPモジュールにありませんでした。
*)バグ修正:ルータプロセスが高負荷のマルチスレッドアプリケーションでクラッシュする可能性がありました。
*)バグ修正:マルチスレッドが設定されたRubyアプリケーションがロード中に起動するとクラッシュする可能性がありました。
*)バグ修正:「mount」ネームスペース分離が使用されたときにマウントポイントがアンマウントされませんでした。バグは1.21.0で現れました。
*)バグ修正:WebSocketを使用したアプリケーションの削除または再設定中にルータプロセスがクラッシュする可能性がありました。
*)バグ修正:アプリケーションの削除または再構成時にルータプロセスでメモリリークが発生していました。このバグは1.19.0で発生しました。



Opensourcetech by Takahiro Kujirai