Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Kubernetes/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

Raspberry Pi Picoを手に入れたので、動作確認(LED点滅)


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

Raspberry Pi Picoを入手したので、早速動作確認してみます。
amazonでも入手可能になってますね!
f:id:opensourcetech:20210203213924j:plain:w200f:id:opensourcetech:20210203213935j:plain:w200

実物を手にしてまず驚いたのが、その小ささ。
Raspberry Pi zeroと比較するとわかりますが、約5cmです。
f:id:opensourcetech:20210203220451j:plain:w300

microUSBと電源・GND・GPIOなどの43ピン、LEDが搭載されています。
https://www.raspberrypi.org/documentation/pico/getting-started/
f:id:opensourcetech:20210203221003p:plain

f:id:opensourcetech:20210203214022j:plain:w200f:id:opensourcetech:20210203214053j:plain:w200



では、動作確認。
こちらにある方法で、Lチカ(Blink an LED)が出来ます。
https://www.raspberrypi.org/documentation/pico/getting-started/

ここから、blink.uf2をダウンロードします。

②BOOTSELボタンを押しながら、電源ケーブルを接続します。
 するとPCでは外部ストレージとして認識されます。
 名前は、"RPI-RP2"。
f:id:opensourcetech:20210203214431j:plain:w300
f:id:opensourcetech:20210203222017p:plain:w400
③ダウンロードしたblink.uf2を、"RPI-RP2"へコピーします。
 すると自動的にPicoが再起動し、LEDが点滅(チカチカ)します。
www.youtube.com

とりあえず問題なさそうなので、一安心。
色々と試してみようと思います


Lチカのソースコードも公開されるので、みて勉強しよっと。
github.com

Opensourcetech by Takahiro Kujirai