Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.20.0 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx unitの最新バージョン 1.20.0 がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20201009072736p:plain:w500 http://nginx.org/

更新内容は、以下の通り。
https://unit.nginx.org/CHANGES.txt

Changes with Unit 1.20.0                                         08 Oct 2020

*) Change: the PHP module is now initialized before chrooting; this enables loading all extensions from the host system.
*) Change: AVIF and APNG image formats added to the default MIME type list.
*) Feature: the Python module now fully supports applications that use the ASGI 3.0 server interface.
*) Feature: the Python module now has a built-in WebSocket server implementation for applications, compatible with the HTTP & WebSocket ASGI Message Format 2.1 specification.
*) Feature: automatic mounting of an isolated "/tmp" file system into chrooted application environments.
*) Feature: the $host variable contains a normalized "Host" request value.
*) Feature: the "callable" option sets Python application callable names.
*) Feature: compatibility with PHP 8 RC 1. Thanks to Remi Collet.
*) Feature: the "automount" option in the "isolation" object allows to turn off the automatic mounting of language module dependencies.
*) Bugfix: "pass"-ing requests to upstreams from a route was broken; the bug had appeared in 1.19.0.  Thanks to 洪志道 (Hong Zhi Dao) for discovering and fixing it.
*) Bugfix: the router process could crash during reconfiguration.
*) Bugfix: a memory leak occurring in the router process; the bug had appeared in 1.18.0.
*) Bugfix: the "!" (non-empty) pattern was matched incorrectly; the bug had appeared in 1.19.0.
*) Bugfix: fixed building on platforms without sendfile() support, notably NetBSD; the bug had appeared in 1.16.0.



日本語訳は、以下となります。

Changes with Unit 1.20.0                                         08 Oct 2020

*)変更:chrootingの前にPHPモジュールが初期化されるようになった。これにより、ホストシステムから全ての拡張機能を読み込めるようになった。
*)変更:AVIFおよびAPNGイメージ形式がデフォルトのMIMEタイプリストに追加された。
*)機能追加:Pythonモジュールは、ASGI3.0サーバインターフェイスを使用するアプリケーションを完全にサポートするようになった。
*)機能追加:Pythonモジュールに、HTTP&WebSocket ASGI Message Format2.1規格と互換性のある、アプリケーション用の組み込みWebSocketサーバが組み込まれた。
*)機能追加:分離された""/tmp"ファイル・システムを、chrootされたアプリケーション環境に自動的にマウントします。
*)機能追加:$host変数には、正規化された"ホスト"リクエストバリューが含まれます。
*)機能追加:"callable"オプションは、Pythonアプリケーションの呼び出し可能な名前を設定します。
*)機能追加:PHP8 RC1との互換性。Remi Colletに感謝します。
*)機能追加:"isolation"オブジェクトの"automount"オプションを使用すると、言語モジュールの依存関係の自動マウントをオフにできます。
*)バグ修正:"pass"-ingからアップストリームへの要求が中断されました。このバグは1.19.0年に発生しました。洪志道(Hong Zhi Dao)の発見と修正に感謝します。
*)バグ修正:再構成中にルータプロセスがクラッシュする可能性がありました。
*)バグ修正:ルータプロセスでメモリリークが発生しました。このバグは1.18.0で発生していました。
*)バグ修正:"!""(空でない)パターンが誤って一致しました。このバグは1.19.0で発生していました。
*)バグ修正:sendfile()をサポートしないプラットフォーム、特にNetBSDでのビルドが修正されました。このバグは1.16.0で現れました。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai