Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

Windows コマンドプロンプトでのファイルハッシュ(チェックサム)確認方法


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

Windows コマンドプロンプトでのファイルのハッシュ(チェックサム)確認方法に関するメモです。


certutilを使って、ファイルのハッシュ確認が可能です。

C:\Users>certutil -hashfile -?
使用法:
  CertUtil [オプション] -hashfile InFile [HashAlgorithm]
  ファイルに暗号化ハッシュを生成し表示します

オプション:
  -Unicode          -- リダイレクトされた出力を Unicode として書き込む
  -gmt              -- 時刻を GMT で表示します
  -seconds          -- 時間を秒とミリ秒で表示します
  -v                -- メッセージを詳細に表示します
  -privatekey       -- パスワードと秘密キーのデータを表示します
  -pin PIN                  -- スマート カードの PIN
  -sid WELL_KNOWN_SID_TYPE  -- 数値 SID
            22 -- ローカル システム
            23 -- ローカル サービス
            24 -- ネットワーク サービス

ハッシュ アルゴリズム: MD2 MD4 MD5 SHA1 SHA256 SHA384 SHA512

CertUtil -?              -- 動詞の一覧 (コマンドの一覧) を表示します
CertUtil -hashfile -?    -- "hashfile" 動詞のヘルプ テキストを表示します
CertUtil -v -?           -- すべての動詞のヘルプ テキストをすべて表示します



使用例は、以下のようになります。

C:\Users>certutil -hashfile c:desktop.ini MD5
MD5 ハッシュ (対象 c:desktop.ini):
6b1a6a9959ce35fa0df98f8e602bb191
CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai