Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

電力供給規格 USB PD3.0のPPS(Programmable Power Supply)について

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 

f:id:opensourcetech:20200427225006p:plain



今回は、電力供給規格であるUSB PD3.0の急速充電機能である PPS(Programmable Power Supply)に関するメモです。

 

 

USB PD3.0とは

ざっくり言うと、USBケーブルを通じた電源供給(Power Delivery)の3代目規格です。

利用には、アダプター(コンセントに挿す)・USBケーブル・規格に対応した充電されるデバイス(スマホなど)がすべて揃っている必要があり、最大100Wまでの供給が可能です。

 

 

PPSとは

PPSはProgrammable Power Suppluの略で、最大電力100W(電圧20V × 電流5A)を充電前半/中間/後半で制御することで急速充電を実現する機能とのことです。

 

詳しくは、ルネサスさんのページにあったので気になる方は、そちらをご覧ください。

f:id:opensourcetech:20200427231452p:plain

USB PDの技術 〜安全と利便性を実現する技術〜 | ルネサス エレクトロニクス

 

 

 

急速充電してみる

では、早速 急速充電を使ってみます。

使用するのは、以下の通り。

 

Galaxy S20 5G(PPS対応) & 付属の5A対応のUSB Type-Cケーブル

 ※ケーブル単体だと、1,500~2,000円くらい

 https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s20/

株式会社 磁気研究所 GaN(窒化ガリウム)採用PD3.0 Type-C 65W AC充電器(PPS対応)

 ※3,000円くらい

 http://www.mag-labo.com/?p=10452

 

 

 

一応、比較用として5V 1.2A対応のアダプターを使用。

ケーブルも100均一で売っている 3A対応 データ通信可能な一般的なものです。

f:id:opensourcetech:20200427185840j:plain

 

Galaxy S20 5Gはバッテリー4,000mAhありますが、残り約15%から充電完了までどれくらいかみてみます。

すると、約2時間45分。結構長いですね。

f:id:opensourcetech:20200428000806j:plain

 

 

 

では、本命のUSB PD3.0 PPS。

f:id:opensourcetech:20200427185915j:plain

f:id:opensourcetech:20200427175216j:plain

 

 

充電完了まで、なんと約1時間7分!

早いですね♪

f:id:opensourcetech:20200428001223j:plain

 

 

実際に100%になるまで見てみると、53分で完了

f:id:opensourcetech:20200428001227j:plain

 

 

 

 

まとめ

いままで利用していたUSBアダプターと比較すると、

充電完了予定時間で 60%短縮( 1時間7分 / 2時間45分 )。

実際には53分で充電完了しているところをみると、もっと効果がありそうです。

 

使ってみて想像以上であったので、大変満足。

しかも、タブレットやPCなど USB Type-C充電に対応しているデバイスの充電にも利用できるので、アダプターをこれ一つで済ませることも出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai