Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.17.0 released.

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

igore sysoevさんと一緒



nginx unitの最新バージョン 1.17.0がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20200418005848p:plain
http://nginx.org/

 

 

Changelogs

更新内容は、以下の通り。

機能追加2点と、バグ修正7点です。

Changes with Unit 1.17.0 16 Apr 2020

*) Feature: a "return" action with optional "location" for immediate responses and external redirection.
*) Feature: fractional weights support for upstream servers.
*) Bugfix: accidental 502 "Bad Gateway" errors might have occurred in applications under high load.
*) Bugfix: memory leak in the router; the bug had appeared in 1.13.0.
*) Bugfix: segmentation fault might have occurred in the router process when reaching open connections limit.
*) Bugfix: "close() failed (9: Bad file descriptor)" alerts might have appeared in the log while processing large request bodies; the bug had appeared in 1.16.0.
*) Bugfix: existing application processes didn't reopen the log file.
*) Bugfix: incompatibility with some Node.js applications.
*) Bugfix: broken build on DragonFly BSD; the bug had appeared in 1.16.0.

From https://unit.nginx.org/CHANGES.txt

 

 

Changelogs(日本語訳)

日本語訳は、以下の通り。

Changes with Unit 1.17.0 16 Apr 2020

*)機能追加:即時応答および外部リダイレクト用のオプション"location"を持つ"return"アクション。
*)機能追加:アップストリームサーバの分数重みサポート。
*)バグ修正:高負荷のアプリケーションで502 "Bad Gateway"エラーが偶発的に発生した可能性があった。
*)バグ修正:ルータプロセスでメモリリークが発生しました。このバグは1.13.0で発生しました。
*)バグ修正:オープンされた接続が制限に達したときに、ルータプロセスでセグメンテーション障害が発生した可能性があった。
*)バグ修正:"close() failed (9: Bad file descriptor)"アラートが、大きなリクエストボディ処理中にログに表示される可能性があった。バグは1.16.0で発生しました。
*)バグ修正:既存アプリケーションプロセスがログファイルを再オープンしなかった。
*)バグ修正:一部のNode.jsアプリケーションとの互換性がなかった。
*)バグ修正:DragonFly BSDでビルドが壊れた。バグは1.16.0で発生した。

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai