Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx mainline 1.17.4 released.

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

igore sysoevさんと一緒



nginx mainlineの最新バージョン 1.17.4がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20190925012648p:plain

nginx news



 

Changelogs

更新内容は、以下の通り。

https://nginx.org/en/CHANGES

Changes with nginx 1.17.4 24 Sep 2019

*) Change: better detection of incorrect client behavior in HTTP/2.
*) Change: in handling of not fully read client request body when returning errors in HTTP/2.
*) Bugfix: the "worker_shutdown_timeout" directive might not work when using HTTP/2.
*) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process when using HTTP/2 and the "proxy_request_buffering" directive.
*) Bugfix: the ECONNABORTED error log level was "crit" instead of "error" on Windows when using SSL.
*) Bugfix: nginx ignored extra data when using chunked transfer encoding.
*) Bugfix: nginx always returned the 500 error if the "return" directive was used and an error occurred during reading client request body.
*) Bugfix: in memory allocation error handling.

HTTP/2関連やBugfixが行われているので、nginx mainlineユーザーの方は1.17.4へバージョンアップしたいところですね。

 

 

Changelogs(日本語訳)

日本語訳は、以下となります。

Changes with nginx 1.17.4 24 Sep 2019

*)変更:HTTP/2での不正なクライアントの動作のより良い検出。
*)変更:HTTP/2でエラーを返すとき、クライアントリクエストボティを完全に読み取れない場合の処理。
*)バグ修正:HTTP/2を使用している場合、"worker_shutdown_timeout" ディレクティブが機能しない場合がありました。
*)バグ修正:HTTP/2と"proxy_request_buffering" ディレクティブを使用すると、ワーカープロセスでセグメンテーションエラーが発生する場合がありました。
*)バグ修正:ECONNABORTEDエラーログレベルは、WindowsでSSL使用時に "error" ではなく "crit" でした。
*)バグ修正:nginxは、チャンク転送エンコーディングを使用するときに余分なデータを無視していた。
*)バグ修正:"return" ディレクティブが使用され、クライアントリクエストボディの読み取り中にエラーが発生した場合、nginxは常に500エラーを返していた。
*)バグ修正:メモリ割り当てエラー処理。

 

 

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai