Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx njs 0.3.2 リリース

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

igore sysoevさんと一緒

 

 

先ほど、nginx njsの新バージョン 0.3.2がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20190522022428p:plain

nginx news

 

 

Changelogs

変更内容は、以下の通り。

https://nginx.org/en/docs/njs/changes.html

Changes with 0.3.2
Release Date: 21 May 2019

Core:
Feature: added support for template literals. Thanks to 洪志道 (Hong Zhi Dao) and Artem S. Povalyukhin.
Feature: executing command from command line arguments.
Feature: added support for RegExp groups object (ES9).
Feature: added block scoped function definitions support.
Feature: added support for building with GNU Readline library.
Feature: made configurable length, name, and most of built-in methods.
Feature: made all constructor properties configurable.
Bugfix: fixed Regexp.prototype.exec() for Unicode-only regexps.
Bugfix: fixed njs_vm_value_dump() for empty string values.
Bugfix: fixed RegExp constructor for regexp value arguments.
Bugfix: fixed walking over prototypes chain during iteration over an object.
Bugfix: fixed overflow in Array.prototype.concat().
Bugfix: fixed length calculation for UTF-8 string with escape characters.
Bugfix: fixed parsing surrogate pair presents as UTF-16 escape sequences.
Bugfix: fixed processing the “*” quantifier for String.prototype.match().
Bugfix: fixed Date() constructor with one argument.
Bugfix: fixed arrays expansion.
Bugfix: fixed heap-buffer-overflow in String.prototype.replace().
Bugfix: fixed heap-buffer-overflow in String.prototype.lastIndexOf().
Bugfix: fixed regexp literals parsing with escaped backslash and backslash in square brackets.
Bugfix: fixed regexp literals with lone closing brackets.
Bugfix: fixed uninitialized-memory-access in Object.defineProperties().
Bugfix: fixed processing the “*” quantifier for String.prototype.replace().
Bugfix: fixed Array.prototype.slice() for UTF8-invalid byte strings.
Bugfix: fixed String.prototype.split() for UTF8-invalid byte strings.
Bugfix: fixed handling of empty block statements.

 

 

Changelogs(日本語訳)

日本語訳は、以下の通りです。

Changes with 0.3.2
Release Date: 21 May 2019

Core:
機能追加:テンプレートリテラルのサポートを追加しました。洪志道(Hong Zhi Dao)とArtem S. Povalyukhinに感謝します。
機能追加:コマンドライン引数からコマンドを実行します。
機能追加:RegExpグループオブジェクト(ES9)のサポートを追加しました。
機能追加:ブロックスコープの関数定義サポートを追加しました。
機能追加:GNU Readlineライブラリを使ったビルドのサポートを追加しました。
機能追加:構成可能な長さ、名前、およびほとんどの組み込みメソッドを作成しました。
機能追加:すべてのコンストラクタプロパティを設定可能にしました。
バグ修正:Unicodeのみの正規表現のRegexp.prototype.exec()を修正。
バグ修正:空の文字列値に対するnjs_vm_value_dump()を修正。
バグ修正:正規表現値の引数に対するRegExpコンストラクタを修正した。
バグ修正:オブジェクトの反復処理中にプロトタイプチェーンを移動するのを修正
バグ修正:Array.prototype.concat()のオーバーフローを修正。
バグ修正:エスケープ文字を含むUTF-8文字列の固定長計算
バグ修正:解析サロゲートペアの表現がUTF-16エスケープシーケンスとして修正された。
バグ修正:String.prototype.match()の“ *”数量詞の処理を修正しました。
バグ修正:1つの引数を持つDate()コンストラクタを修正。
バグ修正:配列の展開を修正
バグ修正:String.prototype.replace()のヒープバッファオーバーフローを修正。
バグ修正:String.prototype.lastIndexOf()のヒープバッファオーバーフローを修正。
バグ修正:正規表現リテラルがエスケープされたバックスラッシュと角括弧内のバックスラッシュで解析されるのを修正。
バグ修正:唯一の閉じ括弧を使った正規表現リテラルの修正。
バグ修正:Object.defineProperties()の未初期化メモリアクセスを修正。
バグ修正:String.prototype.replace()の“ *”数量詞の処理を修正しました。
バグ修正:UTF-8無効なバイト文字列のArray.prototype.slice()を修正。
バグ修正:UTF-8無効バイト文字列のString.prototype.split()を修正。
バグ修正:空のブロックステートメントの取り扱いを修正

 

 

 

 

アフィリエイトのアクセストレード

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai