Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

Zabbix 4.0 LTS でSVGグラフ(ダッシュボードの変更)を使う

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 Alexei Vladishevさんと一緒

 

今回は、Zabbix 4.0 LTSで追加された ダッシュボード ウィジェット(SVG Graph)を使ってみます。

https://support.zabbix.com/browse/ZBXNEXT-4588

https://www.zabbix.com/documentation/4.0/manual/introduction/whatsnew400

 

 

グラフ化するデータ

以下の2記事で設定した温度・湿度・照度・輝度をSVGグラフにします。

zabbix_senderでRaspberry PiのセンサーデータをZabbix Serverへ送信する(1) - Opensourcetechブログ

zabbix_senderでRaspberry PiのセンサーデータをZabbix Serverへ送信する(2) - Opensourcetechブログ

 

 

ウィジェットの追加

ダッシュボードの右上にある「ダッシュボードの変更」をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420201639p:plain

 

続いて、ウィジェットの追加をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420201825p:plain

 

ウィジェットの追加が表示されます。

f:id:opensourcetech:20190420201959p:plain

 

タイプを「グラフ」に変更します。

f:id:opensourcetech:20190420202305p:plain

 

「ホストパターン」と「アイテムパターン」を選択し、追加をクリックします。

f:id:opensourcetech:20190420202607p:plain

f:id:opensourcetech:20190420202635p:plain

 

すると、ダッシュボードにSVGグラフが追加されます。

従来のグラフに比べると綺麗だし、マウスポインターを持っていくとその時間におけるデータも表示されて便利です。

これ、いいですね!

f:id:opensourcetech:20190420202938p:plain

 

 

おまけ

今回みたいに数値の範囲に違いがあるデータを1つのグラフにすると、

以下のように730℃とか ものすごい温度表示になってしまいますw

f:id:opensourcetech:20190420203208p:plain

 

なので、以下のように分けてウィジェットを追加した方がみやすいかもしれません。

※複数のデバイスから同じデータ(温度など)を1つのグラフにまとめるのはありと思います。

f:id:opensourcetech:20190420204212p:plain

 

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai