Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit 1.8.0 リリース

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 igore sysoevさんと一緒

 

nginx unit の最新バージョン、1.8.0がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20190302214706p:plain

https://nginx.org/

 

nginx unitは、先日のNGINX MeetUp Tokyo#2でもIgorが「nginx2」というくらい力を入れて作成されているアプリケーションサーバです。

www.slideshare.net

 

 changelogs

更新内容は、以下となります。

Unit 1.8.0 release

Changes with Unit 1.8.0 01 Mar 2019
*) Change: now three numbers are always used for versioning: major, minor, and patch versions.
*) Change: now QUERY_STRING is always defined even if the request does not include the query component.
*) Feature: basic internal request routing by Host, URI, and method.
*) Feature: experimental support for Java Servlet Containers.
*) Bugfix: segmentation fault might have occurred in the router process.
*) Bugfix: various potential memory leaks.
*) Bugfix: TLS connections might have stalled.
*) Bugfix: some Perl applications might have failed to send the response body.
*) Bugfix: some compilers with specific flags might have produced non-functioning builds; the bug had appeared in 1.5.
*) Bugfix: Node.js package had wrong version number when installed from sources.

 

 

changelogs(日本語訳)

Unit 1.8.0での変更点 2019年3月01日
*)変更:バージョン管理には常にメジャー、マイナー、パッチの3つの番号が使われるようになった。
*)変更:リクエストにクエリコンポーネントが含まれていなくてもQUERY_STRINGが常に定義されるようになった。
*)機能追加:ホスト、URI、メソッドによる基本的な内部リクエストルーティングが追加された
*)機能追加:Javaサーブレットコンテナの試験的サポートが追加された。
*)バグ修正:ルータプロセスでセグメンテーション違反が発生した可能性があった。
*)バグ修正:さまざまな潜在的なメモリリークがあった。
*)バグ修正:TLS接続が止まった可能性があった。
*)バグ修正:一部のPerlアプリケーションはレスポンスボディを送信できなかったかもしれなかった。
*)バグ修正:特定のフラグを持ついくつかのコンパイラは、機能しないビルドを生成したかもしれな買った。 バグは1.5に現れた。
*)バグ修正:ソースからインストールされたときにNode.jsパッケージが間違ったバージョン番号を持っていた。

 

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai