Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit 1.7 リリース

 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 

nginx unitの新バージョン、 1.7がリリースされました。

f:id:opensourcetech:20181222002802p:plain

https://nginx.org/

 

※nginx unitは、Python・PHP・Go・Perl・Ruby・JavaScript (Node.js)・Java(もうすぐサポート予定)が使える アプリケーションサーバです。

https://unit.nginx.org/?_ga=2.136346675.2096347115.1545353658-601047674.1446458460

 

Changelogs

Changes with Unit 1.7 20 Dec 2018

*) Change: now rpath is set in Ruby module only if the library was not found in default search paths; this allows to meet packaging restrictions on some systems.

*) Bugfix: "disable_functions" and "disable_classes" PHP options set via Control API did not work.

*) Bugfix: Promises on request data in Node.js were not triggered.

*) Bugfix: various compatibility issues with Node.js applications.

*) Bugfix: a segmentation fault occurred in Node.js module if application tried to read request body after request.end() was called.

*) Bugfix: a segmentation fault occurred in Node.js module if application attempted to send header twice.

*) Bugfix: names of response header fields in Node.js module were erroneously treated as case-sensitive.

*) Bugfix: uncatched exceptions in Node.js were not logged.

*) Bugfix: global install of Node.js module from sources was broken on some systems; the bug had appeared in 1.6.

*) Bugfix: traceback for exceptions during initialization of Python applications might not be logged.

*) Bugfix: PHP module build failed if PHP interpreter was built with thread safety enabled.

 

 

Changelogs(日本語訳)

ユニット1.7の変更点 2018年12月20日
*)変更:ライブラリがデフォルトの検索パスに見つからなかった場合にのみ、rpathがRubyモジュールで設定されました。これにより、一部のシステムではパッケージの制限を満たすことができます。
*)バグ修正:Control APIで設定したPHPオプション "disable_functions"と "disable_classes" が機能しなかった。
*)バグ修正:Node.jsのリクエストデータに対する誓約がトリガーされまなかった。
*)バグ修正:Node.jsアプリケーションとのさまざまな互換性の問題があった。
*)バグ修正:Node.jsモジュールでrequest.end()が呼び出された後にアプリケーションがリクエストボディーを読み込もうとすると、セグメンテーションフォールトが発生した。
*)バグ修正:Node.jsモジュールでアプリケーションがヘッダーを2回送信しようとすると、セグメンテーションフォールトが発生した。
*)バグ修正:Node.jsモジュールのレスポンスヘッダフィールドの名前が、大文字と小文字を区別して誤って扱われていた。
*)バグ修正:Node.jsのアンキャッチされた例外はログに記録されなかった。
*)バグ修正:一部のシステムで、ソースからのNode.jsモジュールのグローバルインストールができなかった。バグは、version1.6に現れた。
*)バグ修正:Pythonアプリケーションの初期化時の例外のトレースバックが記録されないことがあった。
*)バグ修正:PHPインタープリタがスレッドセーフを有効にして構築されていると、PHPモジュールのビルドに失敗した。

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai