Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

Zabbix 4.0 LTS リリース! 

こんにちは、LinuCエバンジェリストこと、鯨井貴博@opensourcetechです。

 Alexei Vladishevさんと一緒

 

Zabbix 4.0 LTSがリリースされました。

www.zabbix.com

 

インストール方法

インストール方法は、以下のURLから確認出来ます。

https://www.zabbix.com/jp/download

 

パッケージでインストールする場合は、OSディストリビューション・OSバージョン・データベースを選択することで、それに合わせた手順が表示されます。

f:id:opensourcetech:20181005145657p:plain

 

 

New Features and Improvements

機能追加と、改善点は以下の通り。

117行あります。

Release Notes for Zabbix 4.0.0

ZBXNEXT-4757 added new dashboard to "Zabbix server health"
ZBXNEXT-4757 renamed default dashboard to "Global view" and improved widget layout
ZBXNEXT-4757 added support of "pused" mode for cache-related internal items
ZBXNEXT-4757 added new and renamed existing items in "Template App Zabbix Server" and "Template App Zabbix Proxy" templates
ZBXNEXT-4721 removed footer from dashboard widgets
ZBXNEXT-4588 improved performance of problems selection in graph widget; renamed 'Classic graph' to 'Graph (classic)'; fixed several bugs in graph widget
ZBXNEXT-4722 made operator names consistent in all interface
ZBXNEXT-4739 removed deprecated macros $1-$9 from item names in templates
ZBXNEXT-4736 added index by nextcheck to escalations table
ZBXNEXT-4672 added option to show suppressed problems for data overview page and widget
ZBXNEXT-3860 added ability to filter triggers by tags
ZBXNEXT-4606 implemented kiosk mode for all pages
ZBXNEXT-4696 improved history syncer performance by moving trigger locking outside history cache lock
ZBXNEXT-3848 added validation of update interval, custom interval, history storage period and trend storage period in low-level discovery
ZBXNEXT-4224 implemented templates for server hardware: IBM,HP,Dell,Supermicro
ZBXNEXT-4588 Implemented SVG graph generation
ZBXNEXT-4588 Implemented SVG graph widget with multiple new widget fields; Renamed existing graph widget to 'Classic graph'; Implemented vertical accordion; Added new UI controls for range control and overrides selection
ZBXNEXT-4588 Added option to store long widget field strings as array of short strings; Created class to resize the height of textarea field automatically
ZBXNEXT-4588 Improved API validation; Extended time units functionality to allow negative values
ZBXNEXT-4573 added support of HTTP authentication as optional authentication mechanism
ZBXNEXT-413 added maintenance tag filters to support suppression of individual problems based on their tags
ZBXNEXT-4609 added options Tag display priority and Tag display names in Problems
ZBXNEXT-4656 added strict validation of hostprototype.create() and hostprototype.update() methods; added audit logging for these methods
ZBXNEXT-4455 added screen reader to the dashboard and widgets
ZBXNEXT-4627,ZBXNEXT-4656 added support of macro functions to LLD macros
ZBXNEXT-4049 added option to hide timeline in Problems widget
ZBXNEXT-4611 changed default method for http agent items from "post" to "get"
ZBXNEXT-4587 added new column 'Value' and filter in Triggers list
ZBXNEXT-4626 improved widget configuration constructor to create custom view for each widget
ZBXNEXT-4597 implemented single textbox date fields in maintenances, services, top 100 triggers and availability reports pages
ZBXNEXT-4558 added support for monitoring the string values of custom JMX MBeans
ZBX-14586 added more informative error message for InstanceNotFoundException error
ZBXNEXT-4454 added screen reader attributes for common elements
ZBXNEXT-4200 added ability to create LLD item prototype of type "dependent" with a master item not only item prototype
ZBXNEXT-1701 added support of regular expressions and global regular expressions to "logsource()" trigger function
ZBXNEXT-4586 added support of macros {ITEM.VALUE} and {ITEM.LASTVALUE} to trigger URL
ZBXNEXT-4049 added checkbox to hide timeline when problems sort by time
ZBX-1357 added and enabled Norwegian translation to be displayed by default
ZBXNEXT-4367 added screen reader features for multiselect
ZBXNEXT-4530 implemented changeable session cookie name
ZBXNEXT-4446 added ability to change severity of previously generated problems
ZBXNEXT-4044 changed default values of 'Display OK triggers for' and 'On status change triggers blink for'
ZBXNEXT-4361 implemented new time range selector for graphs
ZBXNEXT-4577 improved performance of Zabbix server by replacing semaphores to pthread mutexes and read-write locks
ZBXNEXT-4312 reworked date picker; implemented keyboard interaction
ZBXNEXT-2365 added additional auto-registration operations and re-running of auto-registration actions if host metadata is modified
ZBXNEXT-4569 added support of MySQL 8.0
ZBXNEXT-4565 removed old upgrade DB patches
ZBXNEXT-4320 added ability to store history data in date based indices of elasticsearch
ZBXNEXT-4526 increased tags column size in Compact view mode
ZBXNEXT-4528 added link to Zabbix official support page
ZBXNEXT-4520 added values to boolean mapping: "ok, master" as 1 and "err, slave" as 0
ZBXNEXT-4185 added support of multiple items in "Plain text" widget
ZBXNEXT-4163 added support LLD, User macros and User macros with context from LLD macro in Items preprocessing
ZBXNEXT-4415 added new mode "Compact view" to the Problems page with ability to toggle highlighting whole row; added option to toggle timeline
ZBXNEXT-2788 added support for "NOT" keyword in custom expression fields
ZBXNEXT-4516 renamed dashboard widget and screen element "System status" to "Problems by severity"
ZBXNEXT-4516 renamed dashboard widget and screen element "Host status" to "Problem hosts"
ZBXNEXT-4516 renamed dashboard widget, screen element and report "Status of Zabbix" to "System information"
ZBX-13376 moved functionality to enable JMX interface in Java gateway to settings.sh and ensured setting TCP timeout
ZBXNEXT-4458 improved logging of Java gateway, added username/password validation for JMX items
ZBXNEXT-4411 added compression of server-proxy data exchange
ZBXNEXT-4488 added ability to push data via trapper to HTTP agent item type
ZBXNEXT-4358 added HTTP agent item type for data gathering via HTTP
ZBXNEXT-4413 dropped Monitoring->Triggers view
ZBXNEXT-4413 added the trigger context menu option to view or edit the trigger description
ZBXNEXT-4413 added displaying of the trigger dependencies in Monitoring->Problems view
ZBXNEXT-4151 added aria roles to provide easier access by keyboard navigation
ZBX-3783 added strict validation for apiinfo.version(), action.delete(), correlation.delete() and drule.delete() methods
ZBX-3783 prohibited deleting discovery rules which are used in actions
ZBX-3783 added audit for action.delete() and correlation.delete() methods
ZBXNEXT-4143 implemented submenu autofocus on top-level menu click
ZBXNEXT-4414 added support for configurable number of displayed tags
ZBXNEXT-4313 implemented keyboard interaction in context menus
ZBXNEXT-4426 added option to execute cached passive checks at the current time
ZBXNEXT-4417 added real time export of events, history and trends in newline delimited JSON format
ZBXNEXT-4374 implemented the widget configuration fields clearing when changing the type
ZBXNEXT-4119 implemented tag based permissions
ZBXNEXT-4045 implemented maximum size for graphs in widgets
ZBXNEXT-4340 added kiosk mode for dashboard
ZBXNEXT-4150 implemented access to interactive elements using keyboard
ZBXNEXT-4149 implemented keybord interaction in overlay popups
ZBXNEXT-4357 added support of "selectTriggerDiscovery" option in trigger.get method
ZBXNEXT-4152 replaced double box select fields with multiselect fields and added filtering by proxy and server only in host list
ZBXNEXT-4273 added default event status colors in themes with option to customize them
ZBXNEXT-4216 added 'copytruncate' log file rotation support for logrt, logrt.count
ZBXNEXT-4144 added asterisk mark and aria-label property to all forms required fields
ZBXNEXT-768 added item unit blacklisting with character "!" in order to disable metric prefixes
ZBXNEXT-4295 added selection of the create images tickbox by default on "Maps import" page
ZBXNEXT-1456 added filter by item discovery status for item configuration view; thanks to Volker Fröhlich for the original patch
ZBXNEXT-3991 added additional params to net.if.* key output for linux base agent
ZBXNEXT-3480 added support of inventory macros in event tags
ZBXNEXT-4175 implemented ability to send email to several email addresses specified as user media
ZBXNEXT-4139 added high contrast light and high contrast dark themes
ZBXNEXT-4247 removed deprecated API methods: user.updareProfile, user.addMedia, user.updateMedia, user.deleteMedia, usergroup.massAdd, usergroup.massUpdate and usermedia.get
ZBXNEXT-970 added more detailed error information to notification message when DB is unavailable
ZBXNEXT-4137 removed green background from cells
ZBXNEXT-4157 added map status summary to be readable by screen reader software
ZBXNEXT-4127 implemented popup displaying in overlay dialogues
ZBXNEXT-1520 increased the maximum Hosts/DNS name character length from 63 to 255
ZBXNEXT-4108 implemented search of problems by trigger name
ZBXNEXT-4143 implemented keybord interaction in top navigation
ZBXNEXT-1567 added item "vfs.dir.count" for counting directory entries
ZBXNEXT-4135 added tooltips for vertical labels
ZBXNEXT-4146 added icons for error and success messages
ZBXNEXT-4156 added option to view graphs items data and multiple items graph data as table
ZBXNEXT-4160 reworked monitoring Discovery screen to show hint info right in the table cell
ZBXNEXT-761 added rules to make dbschema.c, schema.sql and data.sql from schema.tmpl, data.tmpl and templates.tmpl if there is a need to
ZBXNEXT-4186 added ability to adjust colors for new graph items in graph creation form according selected theme
ZBXNEXT-4145 fixed appearance of host column based on number of hosts specified in filter
ZBXNEXT-4118 implemented advanced options for tag-based search of problems
ZBXNEXT-4134 added 'lang' attribute to page body
ZBXNEXT-4181 fixed Zabbix server to accept active Zabbix proxy requests only from allowed address if specified
ZBXNEXT-4181 fixed passive Zabbix proxy to accept Zabbix server requests only from allowed address
ZBX-10576 restructured unixODBC related code, moved it to a dedicated directory
ZBX-3783 added strict validation for proxy.delete() method; proxy cannot be deleted when used in actions
ZBX-11909 replaced company.com with example.com in data.sql

 

 以下が、日本語訳したものです。

ZBXNEXT-4757「Zabbixサーバーの健全性」に新しいダッシュボードを追加
ZBXNEXT-4757 デフォルトのダッシュボードを「グローバルビュー」に改名し、ウィジェットのレイアウトを改善しました
ZBXNEXT-4757 キャッシュ関連の内部項目の「pused」モードのサポートを追加しました。
ZBXNEXT-4757 「テンプレートApp Zabbix Server」および「Template App Zabbix Proxy」テンプレートに新しい既存のアイテムを追加し、名前を変更しました。
ZBXNEXT-4721 ダッシュボードウィジェットからフッターを削除しました
ZBXNEXT-4588 グラフウィジェットの問題選択のパフォーマンスが改善されました。 「クラシックグラフ」から「グラフ(クラシック)」に名前を変更しました。グラフウィジェットでいくつかのバグを修正
ZBXNEXT-4722 すべてのインタフェースでオペレータ名が一貫していました
ZBXNEXT-4739 廃止予定のマクロ$ 1〜$ 9をテンプレートの項目名から削除しました
ZBXNEXT-4736 nextcheckによるインデックスをエスカレーションテーブルに追加しました。
ZBXNEXT-4672 データ概要ページとウィジェットの抑制された問題を表示するオプションが追加されました
ZBXNEXT-3860 タグによるトリガーをフィルタリングする機能を追加しました
ZBXNEXT-4606 すべてのページにキオスクモードを実装
ZBXNEXT-4696 履歴キャッシュロック外でトリガをロックすることで、履歴シンクタのパフォーマンスが向上しました
ZBXNEXT-3848 更新間隔、カスタム間隔、履歴保存期間、および低レベル検出におけるトレンド保存期間の検証を追加しました。
ZBXNEXT-4224 サーバーハードウェア用のテンプレートを実装しています。IBM、HP、Dell、Supermicro
ZBXNEXT-4588 SVGグラフの生成を実装しました。
ZBXNEXT-4588 複数の新しいウィジェットフィールドを持つSVGグラフウィジェットを実装しました。既存のグラフウィジェットの名前を「クラシックグラフ」に変更しました。実装された垂直アコーディオン。範囲コントロールとオーバーライド選択用の新しいUIコントロールを追加
ZBXNEXT-4588 長いウィジェットのフィールド文字列を短い文字列の配列として格納するオプションを追加しました。 textareaフィールドの高さを自動的にリサイズするクラスを作成
ZBXNEXT-4588 APIのバリデーションが改善されました。負の値を許可する拡張時間単位機能
ZBXNEXT-4573 オプションの認証メカニズムとしてHTTP認証のサポートを追加しました。
ZBXNEXT-413 メンテナンスタグフィルタが追加され、タグに基づいて個々の問題を抑制することができました
ZBXNEXT-4609 オプションの追加タグの表示優先度とタグ表示名の問題
ZBXNEXT-4656 hostprototype.create()およびhostprototype.update()メソッドの厳密な検証を追加しました。これらのメソッドの監査ログを追加
ZBXNEXT-4455 スクリーンリーダーをダッシュ​​ボードとウィジェットに追加しました
ZBXNEXT-4627 ZBXNEXT-4656はLLDマクロにマクロ関数のサポートを追加しました
ZBXNEXT-4049 問題ウィジェットでタイムラインを非表示にするオプションを追加しました
ZBXNEXT-4611 httpエージェント項目のデフォルトメソッドを「post」から「get」に変更しました。
ZBXNEXT-4587 新しい列「値」を追加し、トリガーリストにフィルターをかけました
ZBXNEXT-4626 改良ウィジェットコンフィグレーションコンストラクタにより、各ウィジェットのカスタムビューを作成
ZBXNEXT-4597 メインテナンス、サービス、トップ100トリガー、および可用性レポートのページに単一のテキストボックス日付フィールドを実装しました
ZBXNEXT-4558 カスタムJMX MBeanの文字列値の監視をサポートしました
ZBX-14586 InstanceNotFoundExceptionエラーの情報メッセージを追加しました
ZBXNEXT-4454 共通要素のスクリーンリーダー属性を追加しました
ZBXNEXT-4200は、アイテムプロトタイプだけでなく、マスターアイテムでタイプ「依存」のLLDアイテムプロトタイプを作成する機能を追加しました
ZBXNEXT-1701 正規表現とグローバル正規表現のサポートを "logsource()"トリガ関数に追加しました。
ZBXNEXT-4586 URLをトリガするマクロ{ITEM.VALUE}と{ITEM.LASTVALUE}のサポートを追加しました
ZBXNEXT-4049 問題が時間ごとにソートされたときにタイムラインを非表示にするチェックボックスを追加しました
ZBX-1357 ​デフォルトでノルウェー語の翻訳が表示されるようになりました
ZBXNEXT-4367 マルチセレクションのスクリーンリーダー機能を追加しました
ZBXNEXT-4530 変更可能なセッションCookie名を実装しました
ZBXNEXT-4446は 以前に生成された問題の重大度を変更する機能を追加しました
ZBXNEXT-4044 'Display OK triggers for'および 'Status change triggers on点滅'のデフォルト値を変更しました。
ZBXNEXT-4361 グラフの新しい時間範囲セレクタを実装しました
ZBXNEXT-4577 セマフォをpthread mutexと読み書きロックに置き換えることによって、Zabbixサーバのパフォーマンスを改善しました。
ZBXNEXT-4312 再加工日付ピッカー;実装されたキーボードインタラクション
ZBXNEXT-2365 追加の自動登録操作を追加し、ホストメタデータが変更された場合に自動登録アクションを再実行します。
ZBXNEXT-4569 MySQL 8.0のサポートを追加しました
ZBXNEXT-4565 古いアップグレードDBパッチを削除しました
ZBXNEXT-4320 弾性検索の日付ベースのインデックスに履歴データを格納する機能を追加しました
ZBXNEXT-4526 コンパクトビューモードでタグの列サイズを増やしました
ZBXNEXT-4528 Zabbix公式サポートページへのリンクを追加しました
ZBXNEXT-4520 ブールマッピングに値を追加しました。「ok、master」は1、「err、slave」は0
ZBXNEXT-4185 「プレーンテキスト」ウィジェットで複数の項目のサポートを追加しました
ZBXNEXT-4163 アイテム前処理でLLDマクロからのコンテキストを使用して、LLD、ユーザーマクロ、およびユーザーマクロをサポートしました。
ZBXNEXT-4415 問題のページに新しいモード「コンパクトビュー」を追加し、行全体の強調表示を切り替えることができました。タイムラインを切り替えるオプションが追加されました
ZBXNEXT-2788 カスタム表現フィールドで "NOT"キーワードのサポートを追加しました
ZBXNEXT-4516 ダッシュボードウィジェットに変更され、画面要素「システムステータス」が「重大度別の問題」に変更されました
ZBXNEXT-4516 ダッシュボードウィジェットに変更され、画面要素「ホストステータス」が「問題ホスト」に変更されました
ZBXNEXT-4516 ダッシュボードウィジェット、画面要素、およびレポート「Status of Zabbix」を「System information」にリネームしました。
ZBX-13376 JavaゲートウェイのJMXインターフェイスをsettings.shに有効にし、TCPタイムアウトを設定できるように機能を移動しました
ZBXNEXT-4458 Javaゲートウェイのロギングの改善、JMXアイテムのユーザー名/パスワードの検証の追加
ZBXNEXT-4411 サーバーとプロキシのデータ交換の圧縮を追加
ZBXNEXT-4488 トラッパーを介してHTTPエージェント項目タイプにデータをプッシュする機能を追加しました。
ZBXNEXT-4358 HTTPを介したデータ収集用のHTTPエージェント項目タイプを追加しました。
ZBXNEXT-4413 [監視] - > [トリガ]ビューを削除しました
ZBXNEXT-4413 トリガーのコンテキストメニューオプションを追加して、トリガーの説明を表示または編集しました
ZBXNEXT-4413 [Monitoring] - > [Problems]ビューでトリガ依存関係の表示を追加しました
ZBXNEXT-4151 キーボードナビゲーションによるアクセスを容易にするために、アリアの役割を追加しました
ZBX-3783 apiinfo.version()、action.delete()、correlation.delete()およびdrule.delete()メソッドの厳密な検証を追加しました
ZBX-3783 アクションで使用されるディスカバリルールの削除を禁止しました
ZBX-3783 action.delete()およびcorrelation.delete()メソッドの監査を追加しました。
ZBXNEXT-4143 トップレベルメニューのクリックでサブメニューオートフォーカスを実装しました。
ZBXNEXT-4414 設定可能な表示タグ数のサポートを追加
ZBXNEXT-4313 コンテキストメニューでキーボード操作を実装しました
ZBXNEXT-4426 現時点でキャッシュされたパッシブチェックを実行するオプションを追加しました
ZBXNEXT-4417 改行で区切られたJSON形式のイベント、履歴、および傾向のリアルタイムエクスポートを追加しました。
ZBXNEXT-4374 タイプ変更時にウィジェット設定フィールドをクリアしました。
ZBXNEXT-4119 タグベースのパーミッションを実装しました
ZBXNEXT-4045 ウィジェットのグラフの最大サイズを実装しました
ZBXNEXT-4340 ダッシュボードにキオスクモードを追加
ZBXNEXT-4150 キーボードを使用してインタラクティブな要素へのアクセスを実装しました
ZBXNEXT-4149 オーバーレイポップアップでキーボードのやりとりを実装しました
ZBXNEXT-4357 trigger.getメソッドで "selectTriggerDiscovery"オプションのサポートを追加しました
ZBXNEXT-4152 複数選択フィールドを複数選択フィールドに置き換え、ホストリストでのみプロキシとサーバーによるフィルタリングを追加
ZBXNEXT-4273 テーマのデフォルトイベントステータスの色をカスタマイズするためのオプションを追加しました
ZBXNEXT-4216 logrt 、logrt.count の 'copytruncate'ログファイルローテーションサポートを追加しました
ZBXNEXT-4144 すべてのフォームの必須フィールドにアスタリスクマークとaria-labelプロパティを追加しました。
ZBXNEXT-768 アイテムユニットブラックリストに「!」文字を追加しましたメトリックプレフィックスを無効にする
ZBXNEXT-4295 デフォルトで「マップのインポート」ページに画像を作成するティックボックスの選択を追加しました
ZBXNEXT-1456 アイテム設定ビューのアイテムディスカバリステータスによってフィルタを追加しました。元のパッチのVolkerFröhlichのおかげです。
ZBXNEXT-3991 Linuxベースエージェントのnet.if. *キー出力に追加のパラメータを追加しました
ZBXNEXT-3480 イベントタグ内のインベントリマクロのサポートを追加しました
ZBXNEXT-4175 ユーザーメディアとして指定された複数の電子メールアドレスに電子メールを送信する機能を実装しました
ZBXNEXT-4139 高コントラストのライトとコントラストの高い暗いテーマを追加
ZBXNEXT-4247 廃止予定のAPIメソッドを削除しました:user.updareProfile、user.addMedia、user.updateMedia、user.deleteMedia、usergroup.massAdd、usergroup.massUpdate、usermedia.get
DBが利用できない場合、ZBXNEXT-970は通知メッセージに詳細なエラー情報を追加しました
ZBXNEXT-4137 細胞から緑色のバックグラウンドを削除しました
ZBXNEXT-4157 スクリーン・リーダー・ソフトウェアで読み取り可能なマップ・ステータスの要約を追加しました
ZBXNEXT-4127 オーバーレイダイアログでポップアップ表示を実装しました
ZBXNEXT-1520 ホスト/ DNS名の最大文字数を63から255に増やしました
ZBXNEXT-4108 トリガ名による問題の検索を実装しました。
ZBXNEXT-4143 トップナビゲーションでキーボードインタラクションを実装しました
ZBXNEXT-1567 ディレクトリエントリをカウントするための項目 "vfs.dir.count"を追加しました。
ZBXNEXT-4135 縦ラベルのツールチップが追加されました
ZBXNEXT-4146 エラーメッセージと成功メッセージのアイコンを追加しました。
ZBXNEXT-4156 グラフアイテムデータと複数のアイテムのグラフデータを表として表示するオプションを追加しました
ZBXNEXT-4160 モニタリングのリワークが可能表セルのヒント情報を表示するディスカバリ画面
ZBXNEXT-761 schema.tmpl、data.tmpl、およびtemplates.tmplからdbschema.c、schema.sql、およびdata.sqlを作成するためのルールを追加しました。
ZBXNEXT-4186 選択されたテーマに従ってグラフ作成フォームで新しいグラフ項目の色を調整する機能を追加しました。
ZBXNEXT-4145 フィルタで指定されたホストの数に基づいてホスト列の外観が修正されました。
ZBXNEXT-4118 タグベースの問題検索のための高度なオプションを実装しました。
ZBXNEXT-4134 ページ本体に 'lang'属性を追加しました
ZBXNEXT-4181 指定されている場合、許可されたアドレスからのアクティブなZabbixプロキシ要求のみを受け入れるようにZabbixサーバを修正しました
ZABXNEXT-4181 許可されたアドレスからのZabbixサーバ要求を受け入れるようにパッシブZabbixプロキシを修正しました
ZBX-10576 unixODBC関連のコードを再構成し、それを専用のディレクトリに移動しました
ZBX-3783 proxy.delete()メソッドの厳密な検証を追加しました。アクションで使用するとプロキシを削除することはできません
ZBX-11909 company.comをdata.sqlのexample.comに置き換えました

 

 

Bug Fixes

バグ修正は、308件。

Release Notes for Zabbix 4.0.0

ZBX-14853 fixed error of vmware items caused by misconfigured vmware maxQueryMetrics parameter
ZBXNEXT-4588 fixed multiple minor issues in SVG graph widget; fixed dashboard widget height calculation
ZBX-14891 fixed undefined index "show_timeline" in screens
ZBX-14874 fixed SQL errors being generated in database log files
ZBX-14783 fixed align of the left column in several widgets and reports
ZBX-13377 fixed naming of groups and applications
ZBX-14335 fixed bug in proxy makefile
ZBX-14850 reverted ZBXNEXT-3848 fix because of broken update interval validation during low-level discovery
ZBX-14830 fixed possible deadlock when history syncer was trying to update escalations with recovery event id
ZBX-13377 fixed naming issue for "Server Hardware" host group
ZBXNEXT-4573 fixed HTTP authentication page issues, HTTP case sensitive option and moved HTTP authentication from API to HTTP form page
ZBX-14721 improved escalator performance by replacing previously unused index
ZBX-14720 improved history syncer performance during problem recovery by adding index on escalations table and avoiding full table scan
ZBX-14821 fixed full sync when only timer triggers are being processed, added trigger statistics to history syncer title
ZBXNEXT-4588 Fixed changelog adding more detailed description of features added in 4.0.0beta1; Fixed Data set widget field to be compatible with PHP versions affecting PHP bug #42355
ZBX-14797 fixed calendar initialization in graph configuration form
ZBX-14812 fixed hexadecimal to decimal preprocessing step to allow pairs of hexadecimal digits separated by space or new line
ZBX-14496 fixed unauthorized request error when sorting list after enabling/disabling elements
ZBX-14808 fixed SQL error in user permission check when processing actions for internal item events
ZBX-14614 fixed server template linking with triggers having no dependencies
ZBXNEXT-4597 fixed date selection fields in maintenance and services: fixed accepted date format, fixed validation and added placeholdrs
ZBX-6565,ZBX-13645,ZBX-14559 fixed agent on AIX 6.1 TL0, 7.1 TL0: system.stat[memory,avm], compilation, crash on net.dns items
ZBX-12217 removed links to templates with no permissions for templated discovery rules and item prototypes
ZBX-13015 fixed X axis labels with DST transition in the displayed period
ZBX-14777 increased severity of housekeeper logs in the case of invalid history/trends intervals
ZBX-14778 fixed housekeeper attempting to remove history of discovery rules/prototypes
ZBX-14771 fixed memory leak in poller if scheduling interval is invalid
ZBX-14462 improved time selection when opening calendar with missing time
ZBX-14775 fixed configuration of the maximum available count of aggregated metrics in a single request to vmware vCenter
ZBX-14637 fixed unreadable text on the problems widgets in dark theme
ZBX-14676 fixed displaying links containing UTF-8 characters
ZBX-14751 fixed "cannot run test program while cross compiling" and "cannot check for file existence when cross compiling" errors during cross-compilation
ZBX-14677 fixed vmware performance counter retrieval on installations with large number of datastores
ZBXNEXT-4500 fixed item prototype master item links leading to error when master item is a web item
ZBX-14697 fixed memory leak in alert manager when connection to database was lost
ZBX-14629 fixed breadcrumb labels clipping
ZBX-14628 fixed empty MAIL FROM in email alerts
ZBX-14696 changed problem_tag index to optimize database queries
ZBX-12293 renamed trigger functions by adding function name at the beginning and removing the operator and "N" and placing operator in a separate field allowing two new operators "<=" and ">=" for selection
ZBX-9731 changed value cache to drop unused items from cache when new values are added instead performing this cleanup only when cache runs out of free space
ZBX-14593 fixed error message for invalid vmware endpoint
ZBX-14614 fixed trigger dependency link to the template instead of the host during the discovery action
ZBX-372 added "zone" parameter to proc.num
item for Solaris
ZBX-14631 fixed typo in string: ouf, not out
ZBX-14410 fixed output of information about the error for expressions with functions of triggers or calculated items
ZBX-14341 fixed duplicate value generation in environments with poor connectivity
ZBX-9913 fixed inconsistencies in behaviour and error messaging of trigger functions
ZBX-14448 fixed undefined index when updating item and switching type to dependent
ZBX-14670 fixed failed query error in LLD when updating function name in trigger prototype expression
ZBX-14433 fixed several problems in displaying of X axis on the graphs
ZBX-14579 improved several functions to distinguish between 'failed to compile' and 'not matched' states in regexp processing
ZBX-14584 fixed mass update some options for items
ZBX-12217 removed links to templates with no permissions for templated applications and items
ZBXNEXT-4607 removed column Recovery time in Problems mode
ZBX-14548 fixed the disk usage counters reading for ESX/ESXi hosts
ZBXNEXT-4049 fixed option to hide timeline in Problems widget popup
ZBX-13393 fixed agent compilation error on AlphaServer Tru64 5.1B
ZBX-14491 fixed link "show value mappings", which leads to no permission page
ZBX-13165 fixed Y-axis small value gradation issue in graphs
ZBX-14575 fixed Norwegian locale key for windows
ZBX-14566 fixed possible data loss due to MariaDB server restart
ZBX-13010 fixed crash of poller processes in ODBC checks, simplified code
ZBX-14370 fixed deleting of files after compiling a program (make clean) for Solaris
ZBX-14519 fixed displaying timeline points of days in Problems widget
ZBX-12380 improved function parameter parsing for trigger functions
ZBX-12994 improved maintenance period translation strings in maintenance form
ZBXNEXT-4622 updated change severity action icons in sprite files
ZBX-14426 fixed trigger color in host issues screen and host group issues screen, color of problem with highest severity generated by trigger is used instead of trigger color
ZBX-13396 moved time function based trigger processing to history syncer, reducing trigger locking issues caused by peak timer processing loads
ZBX-13651 fixed cloning a template using the "Full Clone", which does not hide the upper level navigation bar
ZBX-14425 color of problem with highest severity generated by trigger is used as trigger status color on data overview page
ZBX-8051 fixed auto-logout problem caused by async calls to jsrpc
ZBX-13641 disabled preprocessing update for discovered items
ZBX-13381 fixed invisible color picker selector, fixed wrong color preview, extended color pallette
ZBX-14410 improved error message handling in zbx_function_find()
ZBX-14500 fixed crash when reporting unknown triggers and using $1-$9 macros at the same time
ZBX-14525 fixed sorting by severity in Monitoring->Problems and Problems widget
ZBX-12580 reworked problem hosts widget to source data from problems and take changed severity into account
ZBX-14537 fixed HTTP agent application/json Content-Type not being set by default when using custom headers
ZBX-12104 added limit ZBX_HISTORY_PERIOD for {ITEM.VALUE} macro resolving in trigger name
ZBX-14359 changed problem name macro in default action subject and message from TRIGGER.NAME to EVENT.NAME
ZBX-13718 fixed selection of cached checkboxes in checkbox range library
ZBX-13647 fixed defined default discovery action message
ZBX-12115 changed API returned lastvalue and prevvalue for text based items with no values
ZBX-14409 fixed icon mapping expression validation
ZBX-14402 fixed internal item parameter that does not match documentation
ZBX-11989 fixed condition operators for event correlation rules
ZBX-13779 fixed redirect button link in multiple places
ZBXNEXT-4361 fixed selected breadcrumbs item style; fixed active time range tabs hover cursor style
ZBX-14420 fixed link to Problems screen in map element's context menu
ZBX-12957 removed time adjustment of received packets for server and proxy
ZBX-12171 added missing items zabbix[process,vmware collector,avg,busy] and zabbix[vmware,buffer,pfree] to Template App Zabbix Proxy
ZBX-14388 fixed log message about full history cache
ZBX-13283 removed info label in Trigger severities and Users administration pages
ZBX-6046 fixed the functions 'net.if.*' for Solaris with empty 64 bits counters
ZBX-13355 fixed media type a required password field successfully passing validation while being empty and prevented auto-filling stored passwords by browser
ZBX-13701 fixed hintbox multiplication on page refresh
ZBX-14398 improved "Server" parameter description in Zabbix agent configuration file
ZBX-14344 fixed host groups, hosts and applications not being taken into account when filtering problems by problem name in Monitoring->Problems view
ZBX-11434 added error messages when creation of LLD SNMP items fails due to SNMP OID field
ZBX-12250 fixed logrt item to analyze log file from start if no log files match and no log files were seen before
ZBX-13765 fixed discovered host status update if it was down and a service was discovered on that host
ZBX-12070 fixed "proc.num" and "proc.mem" items calculation of values when zabbix_agentd called in test mode
ZBX-14423 fixed use of initialized variable during application discovery
ZBX-12990 improved "vmware.hv.datastore.size" through usage the performance counters
ZBXNEXT-4540 fixed problems filter with same tags not being joined with OR condition
ZBXNEXT-4576 unified dashboard widget content margins
ZBX-12965 - fixed scheduled check calculation during daylight saving changes
ZBX-13712 fixed "Undefined index: master_itemid" and SQL errors in item.update and itemprototypr.update methods; fixed updating of discovered items
ZBX-14329 fixed error opening map's submap
ZBX-13549 fixed displaying of not monitored triggers in maps
ZBX-13783 dropped support for Zapcat-style and multi-level parameter arrays from item key validation in frontend
ZBX-12359 fixed "Automatic icon selection" checkbox not working and displaying two icons at once in map constructor
ZBX-12239 fixed global search form allowing to submit empty search queries
ZBX-12177 renamed "Icon" to "Map element" in Network map properties and constructor
ZBX-14333 fixed {ESC.HISTORY} and action log not to display colon without target host when executed on Zabbix server
ZBX-14345 fixed lock wait timeout error handling on MySQL to avoid possible data loss
ZBX-13361 fixed error messages when configuring an existing item to have an update interval
ZBX-14328 improved logging of command execution failures
ZBX-13803 fixed "make install" to respect DESTDIR variable, this is essential for packaging
ZBX-12603 fixed tab navigation and keyboard interaction in dashboard sharing and properties dialogues; added validation inside popups
ZBX-13043 removed error message for when user has defined media but all of them are disabled
ZBX-14312 fixed possible deadlock in history syncer when housekeeper is deleting events
ZBX-13697 fixed session expiration when changing default authentication method
ZBX-13768 fixed disabled 'add' button showing in templated item preprocesing form
ZBX-13680 fixed action not being cloned due to existing operation id being submitted
ZBX-13775 fixed map tree widget border color
ZBX-13780 fixed status color styles
ZBX-12350 fixed severity picker styles
ZBX-13782 fixed decoding of Unicode characters in JSON
ZBX-13767 fixed "undefined index: acknowledges" error on problems page
ZBX-12175 fixed subfilter entries with long names going off the screen
ZBX-12644 fixed filter being partially reset when using pagination in availability report page
ZBX-12390 fixed problem when triggers might not use correct value if an item values within one second were received in wrong historical order
ZBX-13788 fixed host availability stuck in unknown state after proxy changes
ZBX-14313 fixed trigger level correlation when multiple tags are set
ZBX-12372 fixed duplication of prefix "/" for second parameter "path" in items "web.page.*"
ZBX-14315 fixed validation of "max_depth" in "vfs.dir.size" for agent
ZBX-13778 fixed logically dead code in JSON Path parser
ZBX-14337 fixed persistent xss in map navigation tree widget
ZBX-14336 fixed persistent xss vulnerability in services
ZBX-13750 fixed hover and focus style for edit dashboard cancel button, improved top nav css coding style
ZBX-13694 disable check now for items with scheduler configuration errors
ZBX-9882 removed Zapcat-style and multi-level array type support in item key parameters
ZBX-12821 fixed multiple javascript memory leaks
ZBX-13755 fixed proxy lastaccess update on 32-bit Zabbix server
ZBX-12425 fixed selection of web items in the "Plain text" screen element
ZBX-13781 fixed CRLF injection in Zabbix Agentd
ZBX-13737 fixed invalid confirmation message when mass enabling and disabling trigger, item and host prototypes
ZBX-13766 fixed comparison of two large float numbers in expressions
ZBX-13481 fixed incorrect parsing of BITS data type in SNMP response
ZBX-13744 fixed potential shared memory leak when item is removed
ZBX-13742 fixed parsing of the operator "not" in trigger expression
ZBX-13535 fixed trigger recovery expression for 'High error rate' trigger
ZBX-13278 fixed trigger expression for 'Link down' trigger
ZBX-12805 increased command line limit for proc.num checks on hp-ux systems
ZBX-13749 fixed creation of dependent items from item wizard
ZBX-13660 fixed data types passed to is_ushort() for converting PID, port and process number
ZBX-12935,ZBX-13539 fixed displaying of floating point values under the "Latest data" page
ZBX-13579 fixed unnecessary data getting when agent becomes available in the non-collection data period
ZBX-13240 removed duplicating HTML IDs from frontend and fixed SID validation in trigger wizard
ZBX-13685 fixed maintenance entries displayed in list when filter is applied
ZBX-12756 improved configure script to check iconv library
ZBX-13667 added notification in zabbix server log about 'error' in elasticsearch json response
ZBX-13683 fixed multiselect items not being sorted by name
ZBX-13299 fixed autoregistration, discovery and internal notifications not being sent due to uninitialized severity
ZBX-13607 changed ping script to return success also for timeouts
ZBX-12967 fixed slide show refresh interval multiplier menu not working
ZBX-13696 added maximum record limit to old session removal in housekeeper
ZBX-13642 fixed undefined index in user edit form
ZBX-13546 fixed context menu positioning in maps
ZBX-13668 fixed dynamic widget searching for item key in item prototypes
ZBX-13500 fixed fractional values in triggers being misinterpreted without a leading 0
ZBX-13561 fixed incorrectly displayed pie graph when first item has no data
ZBX-13517 fixed undefined index in pie charts
ZBX-13499 fixed checkbox selector in problems table
ZBX-13598 fixed crash when Zabbix process cannot connect to preprocessing service
ZBX-13522 fixed duplicate IDs in trigger expression constructor
ZBX-13489 fixed wrong tab iteration inside graph widget
ZBX-13625 fixed blinking in the problem widget
ZBX-13560 fixed acknowledge notifications being visible in the event popup
ZBX-13298 fixed missing graph after faulty graph edit form submission
ZBX-13487 improved widgets menu icons focus state styles
ZBX-13350 added multiple Zabbix element default paths to output after running ./configure and --help option
ZBX-13509 improved compilation support from source for Solaris and NetBSD
ZBX-13542 fixed http steps on template not inheriting hosts application setting
ZBX-13618 fixed wrong variables order in translatable error message
ZBX-13344 fixed trigger based actions having a default "not in maintenance" condition
ZBX-13613 improved a history syncer when backend elasticsearch is not available
ZBX-13510 fixed error of execution "make dbschema" for NetBSD
ZBX-13544 fixed agent crashes when using regex with 'Log' item for Mac OSX
ZBX-13611 fixed lld rules not always saving their state/error message changes
ZBX-13571 fixed regression that resulted in slow history data queries on partitioned tables
ZBX-13490 fixed autofocus in forms
ZBX-13470 improved searching IPMI items by full name
ZBX-13566 fixed create dashboard button size in dashboard list
ZBX-13464 fixed fullscreen attribute included in host context menu links
ZBX-13424 added possibility to select web items as master items and improved copying of dependent items to destination hosts and templates
ZBX-13573 fixed undefined index message changing Action "Acknowledgment operations" from "Remote command" to "Notify all involved"
ZBX-13570 fixed undefined index in API call
ZBX-13331 removed "recovery" property from action.get API method response
ZBX-13309 fixed displaying of Problem/Recovery time
ZBX-13450 fixed server and proxy compilation problem for Solaris 10
ZBX-13458,ZBX-13494 fixed resolving of the macros in map labels for non-superadmin users
ZBX-13526 fixed widget placeholder jumping instead of resizing while dashboard edit
ZBX-13362 fixed potentially wrong rows deleting by housekeeper in PostgreSQL
ZBX-13506 fixed linked trigger is moved to sibling map element
ZBX-13586 fixed trigger-based event correlation - suspend creation of event if no problems are recovered by it
ZBX-13339 improved deallocation of memory
ZBX-13412 fixed JS error and wrong form behaviour when changing item type, type of information
ZBX-13471 fixed contrast in selected item filters
ZBX-13428 fixed long name of map outside go back button in map widget
ZBX-13340 fixed pie graphs displaying incorrect data
ZBX-13257 fixed display of the latest item in Audit log
ZBX-13447 fixed trigger name readability on map in dark theme
ZBX-11994 changed "awk" to "sed" for getting info about "Last Changed Revision"
ZBX-13360 fixed HTML5 placeholder color that previously appeared like actual input data
ZBX-13351 improved OpenSSL error messages
ZBX-13147 fixed inconsistent number on map navigation tree
ZBX-13537 fixed "Inaccessible user" in Dashboard System status widgets acknowledgement popup
ZBX-13472 fixed description of "Server" and "ServerActive" configuration options
ZBX-13455 added frontend error message when templates cannot be linked to LLD host
ZBX-13538 fixed example configuration for Elasticsearch
ZBX-13434 fixed incorrect trigger dependencies being set after copying triggers to multiple hosts; thanks to Kotaro Miyashita for the patch
ZBX-13513 fixed input maxlength for users media of type script
ZBX-13523 fixed error message for empty TCP response in case agent dropped connection because of access permissions
ZBX-12883 fixed incorrect ordering the list of triggers after saving a map
ZBXNEXT-4150 fixed URL display in hint box and focus styles for radio buttons
ZBX-12940 fixed content does not fit dialog window
ZBX-13342 fixed order by query in frontend Maintenance tab
ZBX-13401 fixed successful items mass update with invalid update interval
ZBX-6167 fixed partial updating in maintenance.update
ZBX-13062 banned using of mutex in threads of metrics collection
ZBX-13236 fixed error message of function parameters parse
ZBX-10433 removed inaccurate configuration default values
ZBX-13398 fixed configure script for Debian GNU/Linux "buster" and "sid" to work with PostgreSQL
ZBX-12754 fixed undefined index error in map import
ZBX-13303 improved display of user media 'Use if severity' indicators
ZBX-13166 fixed daily and yearly notification reports not including current day/last day of leap-year
ZBX-13118 improved readability of emails in action log by splitting them multiline
ZBX-13498 added optional MySQL upgrade patch for "problem" table to drop redundant index after another index that can be used to enforce the foreign key constraint has been created
ZBX-13430 fixed use of uninitialized value ttl when elasticsearch is configured
ZBX-13452 fixed Elasticsearch history storage default value types
ZBX-13248 fixed field trapper_hosts to optional for trapper item.create
ZBX-13307 fixed map scaling and position to the widget left side
ZBX-12941 fixed checkbox overlay's position over the checkbox
ZBX-13465 fixed back button style on the sub-maps
ZBX-13334 fixed translations of Widget parameters window
ZBX-6118 fixed poor performance of changing an item on the template which linked with many hosts
ZBX-13454 fixed placeholder in Administration->Scripts form
ZBX-13403 allowed proxy to execute remote commands on agents using encrypted connection
ZBX-13441 fixed crashes in case of failures (e.g. timeouts) during VMware hypervisor discovery
ZBX-12607 fixed performance of map.get API method and map-related views
ZBX-11391 generated an error if expanding LLD macros results in an empty tag name
ZBX-13300 fixed addJsFile() name
ZBX-13030 removed proxy's ability to export unprocessed history data via loadable modules
ZBXNEXT-3581 dropped plain text protocol support and made header mandatory; fixed IP fragmentation handling by including header in Zabbix get request, Zabbix server/proxy passive check request and frontend request to Zabbix server
ZBX-13194 fixed incorrect processing of zabbix[wcache,value,*] internal check
ZBX-13060 added limitation for meaningless server reconnection attempts to incorrectly configured passive proxy
ZBX-13233 added new memory metrics for Linux platform - "active", "anon", "inactive" and "slabs"; thanks to Tomasz Kłoczko for the original patch
ZBX-12643 improved error log message in case Zabbix server database cannot be used due to empty "users" table
ZBX-11720 fixed memory leak which breaks vfs.fs.size, vfs.fs.inode and vfs.dir.size items if compiled with LeakSanitizer
ZBX-13131 fixed truncated multiline text values from network discovery SNMP checks
ZBX-13117 fixed vfs.dir.size with symbol links on Windows
ZBX-12045 fixed inconsistencies in configure -h output
ZBX-13325 fixed trend.get() method with Oracle backend
ZBX-13223 fixed graphs duplication in graph preview
ZBX-13345 removed SID from URL in screen edit mode
ZBX-13055 fixed problems with DNS resolver interface on NetBSD
ZBX-13214 added support of \0 matching group for regsub and iregsub methods
ZBX-13208 eliminated race condition that caused history collection for newly created items to start before preprocecessing steps finished syncing
ZBX-13246 fixed processing of command line arguments which are longer than 2KB for proc.num and proc.mem items on AIX
ZBX-13130 fixed Zabbix proxy not to generate high network traffic when server does not accept data
ZBX-13288 fixed image ghosting for mass update of map elements
ZBX-11422 fixed compilation warnings under OS X 64bit
ZBX-13276 fixed compatibility issue with Elasticsearch versions starting from 6.0
ZBX-13196 fixed setting of transaction error flag in commit operation
ZBX-13221 fixed trimming of values in overlay dialogues
ZBX-13221 added "Timeout" validation in web scenario step overlay dialogue
ZBX-12389 fixed latest data host group filter
ZBX-13119 removed 'empty' button in trigger selection window for map constructor item modal form
ZBX-12661 fixed Low-level discovery of dependent items not working after being edited and resulting in undefined offset error or foreign key constraint violation
ZBX-13254 fixed 'skip' parameter behaviour for log
, log.count, logrt, logrt.count items in case log files initially do not exist
ZBX-13253 fixed losing the 1st record by log
and logrt items if 'skip' parameter is used and log file initially is empty
ZBX-13275 fixed slow housekeeping of events on MySQL
ZBX-13264 fixed Zabbix agent compilation on OS/X
ZBX-13245 fixed IP fragmentation handling in Zabbix server response to Zabbix proxy
ZBX-13258 fixed misaligned user group permission controls
ZBX-13031 fixed Java gateway compilation without libpcre
ZBX-12963 fixed passing argument to external check item that contain literal $
ZBX-12991 removed default values for "active_since" and "active_till" fields in maintenance.create API method
ZBX-13270 fixed default selection of the required host permissions radio in the global scripts form
ZBX-12758 fixed slow housekeeping of events due to missing index on foreign key
ZBX-11305 fixed color and label for event status on event details page
ZBX-13238 fixed spelling of Elasticsearch
ZBX-13056 fixed incorrect positioning of context menu when it is opened using keyboard
ZBX-13241 fixed memory leak on Zabbix server when executing remote commands through proxy
ZBXNEXT-4139 fixed displaying of the eventlog severitites and severities in trigger map element
ZBX-13178 fixed ipc_path value in error message
ZBX-12251 fixed possibility of trigger status getting stuck in PROBLEM or OK state due to transaction error in history synchronization, added deadlock to a list of recoverable errors
ZBX-12251 fixed possibility that new history values are lost and not processed by Zabbix server or Zabbix proxy due to recoverable transaction error
ZBX-12996 fixed radio button and label inconsistency in maintenance period configuration
ZBX-12895 improved performance of DB patch for updating data in the alerts table
ZBX-12082 fixed possibility to select triggers with same name in multiselect
ZBX-12983 fixed compilation warnings under Windows
ZBX-10578 fixed redundant init_result() calls; thanks to MATSUDA Daiki for the patch
ZBX-12793 fixed system compiler checks during source configuration
ZBX-11970 fixed style for some enumerators and structure type declarations

 

 以下が、日本語訳したものです。

ZBX-14853 VMMの設定ミスによって引き起こされたVMMのエラーを修正しましたmaxQueryMetricsパラメータ
ZBXNEXT-4588 SVGグラフウィジェットで複数の小さな問題を修正しました。固定ダッシュボードウィジェットの高さの計算
ZBX-14891 未定義の索引「show_timeline」が画面に表示される
ZBX-14874 修正されたSQLエラーがデータベースログファイルに生成される
ZBX-14783 いくつかのウィジェットとレポートの左列の固定アライメント
ZBX-13377 グループとアプリケーションの固定命名
ZBX-14335 プロキシmakefileのバグを修正しました
ZBX-14850 低レベル検出中に更新間隔の妥当性検査が壊れているため、ZBXNEXT-3848の修正を元に戻しました。
ZBX-14830 リカバリ・イベントIDでエスカレーションを更新しようとしたときにデッドロックが発生する可能性がありました
ZBX-13377「サーバーハードウェア」ホストグループの名前の問題が修正されました
ZBXNEXT-4573 HTTP認証ページの問題の修正、HTTPの大文字と小文字の区別のオプション、およびAPIからHTTPフォームページへのHTTP認証の移動
ZBX-14721 以前使用されていなかったインデックスを交換することでエスカレーター性能を向上
ZBX-14720 エスカレーション・テーブルにインデックスを追加し、フル・テーブル・スキャンを回避することで、問題の回復中に履歴シンクャのパフォーマンスを向上させました。
ZBX-14821 タイマートリガのみが処理されているときに完全同期を修正し、トリガ統計をヒストリシンクタタイトルに追加しました
ZBXNEXT-4588 4.0.0beta1で追加された機能の詳細な説明を追加した、変更履歴を修正しました。 PHPバグ#42355に影響するPHPバージョンと互換性のある固定データセットウィジェットフィールド
ZBX-14797 グラフ設定フォームでのカレンダー初期化の修正
ZBX-14812 16進数から10進数の前処理ステップを修正し、空白または改行で区切られた16進数のペア
ZBX-14496 要素を有効/無効にした後にリストをソートする際の不正なリクエストエラーを修正しました
ZBX-14808 内部アイテムイベントに対するアクションの処理時にユーザー権限チェックでSQLエラーが修正されました。
ZBX-14614 固定サーバーテンプレートが依存関係のないトリガーとリンクする
ZBXNEXT-4597 保守およびサービスの固定日付選択項目:固定日付形式、固定確認および追加されたプレースホルダ
ZBX-6565、ZBX-13645、ZBX-14559 AIX 6.1の固定エージェントTL0、7.1 TL0:system.stat [メモリ、avm]、コンパイル、net.dns のクラッシュ
ZBX-12217 テンプレートの発見ルールとアイテムのプロトタイプのパーミッションのないテンプレートへのリンクを削除しました
ZBX-13015 表示された期間にDSTトランジションでX軸ラベルを固定しました。
ZBX-14777 無効な履歴/傾向間隔の場合にハウスキーパーログの重大度が増加しました
ZBX-14778 検出ルール/プロトタイプの履歴を削除しようとしていたハウスキーパーを修正しました
ZBX-14771 スケジューリング間隔が無効な場合、ポーラーでメモリリークが修正されました
ZBX-14462 時間のないカレンダーを開くときの時間選択を改善しました
ZBX-14775 vmware vCenterへの1回のリクエストで集計されたメトリックの最大使用可能数の固定構成
ZBX-14637 ダークテーマの問題ウィジェットで解読不能なテキストが修正されました
ZBX-14676 UTF-8文字を含む表示リンクを修正
ZBX-14751 クロスコンパイル中に「クロスコンパイル中にテストプログラムを実行できません」と「クロスコンパイル時にファイルの存在をチェックできません」というエラーが修正されました
ZBX-14677 多数のデータストアを持つインストールでVMwareのパフォーマンスカウンタを修正
ZBXNEXT-4500 固定項目プロトタイプのマスタ項目リンク:マスタ項目がWeb項目の場合にエラーにつながる
ZBX-14697 データベースへの接続が失われたときのアラートマネージャでのメモリリークの修正
ZBX-14629 固定ブレッドクラムラベルのクリッピング
ZBX-14628 電子メール警告で空のMAIL FROMを修正しました
ZBX-14696 problem_tagインデックスを変更してデータベースクエリを最適化
ZBX-12293 最初に関数名を追加し、演算子と "N"を削除し、別のフィールドに演算子を配置して、2つの新しい演算子 "<="と "> ="を選択できるようにトリガ関数を改名しました
ZBX-9731 キャッシュが空き領域を使い果たすときにのみ、このクリーンアップを実行する代わりに、新しい値が追加されたときに未使用アイテムをキャッシュから削除するように値キャッシュを変更しました
ZBX-14593 無効なVMMエンドポイントのエラーメッセージが修正されました
ZBX-14614 検出アクション中にホストではなくテンプレートにトリガ依存リンクを固定
ZBX-372 Solarisのproc.num itemに "zone"パラメータを追加しました
ZBX-14631 文字列の入力ミスを修正しました:ouf、not out
ZBX-14410 トリガまたは計算項目の機能を持つ式のエラーに関する情報の固定出力
ZBX-14341 接続性の低い環境で重複値の生成が修正されました
ZBX-9913 トリガ機能の動作とエラーメッセージの不一致を修正しました
ZBX-14448 アイテムを更新し、タイプを依存型に切り替えるときに未定義インデックスを修正しました
ZBX-14670 トリガプロトタイプ式で関数名を更新する際に、LLDでクエリに失敗しました。
ZBX-14433 グラフ上にX軸を表示する際のいくつかの問題を修正しました
ZBX-14579 正規表現処理で 'コンパイルに失敗しました'と '一致していない'
ZBX-14584 固定小数点アイテムのいくつかのオプションを更新
ZBX-12217 テンプレート化されたアプリケーションやアイテムのパーミッションのないテンプレートへのリンクを削除しました
ZBXNEXT-4607 列を削除しました問題モードでの復旧時間
ZBX-14548 ESX/ESXiホスト用のディスク使用カウンタの読み取りを修正しました
ZBXNEXT-4049 問題ウィジェットポップアップでタイムラインを非表示にする固定オプション
ZBX-13393 AlphaServer Tru64 5.1Bで固定エージェントのコンパイル・エラーが発生する
ZBX-14491 固定リンク "show value mappings"。許可ページが表示されません。
ZBX-13165 グラフのY軸の小さな値のグラデーションの問題を修正
ZBX-14575 固定ノルウェーのロケールキー
ZBX-14566 MariaDBサーバーの再起動によるデータ損失を修正
ZBX-13010 ODBCチェック、単純化されたコードにおけるポーラープロセスのクラッシュを修正
ZBX-14370 Solaris用にプログラムをコンパイルした後にファイルを削除する(make clean)
ZBX-14519 問題のウィジェットでタイムラインの日数を表示することを修正しました
ZBX-12380 トリガ関数の関数パラメータ解析の改善
ZBX-12994 メンテナンス期間中のメンテナンス期間の翻訳文字列の改善
ZBXNEXT-4622 スプライト・ファイル内の変更重大度アクション・アイコンを更新しました。
ZBX-14426 ホストでのトリガカラーの設定画面およびホストグループの問題画面、トリガで生成される最も重大度の高い問題の色がトリガカラーの代わりに使用されます
ZBX-13396 時間機能ベースのトリガ処理を履歴シンクタに移し、ピークタイマ処理負荷によって引き起こされるトリガロックの問題を軽減しました
ZBX-13651 "Full Clone"を使用したテンプレートのクローニングを修正しました。これは上位レベルのナビゲーションバーを隠すことはありません
ZBX-14425 トリガによって生成される最も重大度の高い問題の色は、データ概要ページでトリガステータスの色として使用されます
ZBX-8051 jsrpcへの非同期呼び出しによる自動ログアウトの問題を修正しました。
ZBX-13641 検出されたアイテムの前処理更新を無効にしました
ZBX-13381 固定非表示カラーピッカーセレクタ、間違ったカラープレビューのプレビュー、拡張カラーパレット
ZBX-14410 zbx_function_find()でのエラーメッセージ処理の改善
ZBX-14500 未知のトリガを報告し、$ 1- $ 9のマクロを同時に使用するとがクラッシュする問題を修正
ZBX-14525 監視 - >問題と問題ウィジェットで重大度別にソートを修正
ZBX-12580 問題のデータを取り込み、変更された重大度を考慮に入れて、問題のホストウィジェットを修正しました。
ZBX-14537 固定HTTPエージェントapplication / json Content-Typeは、カスタムヘッダーを使用するときにデフォルトで設定されていません
ZBX-12104 トリガ名で解決している{ITEM.VALUE}マクロのZBX_HISTORY_PERIOD制限を追加しました
ZBX-14359 デフォルトアクションの件名とメッセージ内の問題名マクロをTRIGGER.NAMEからEVENT.NAMEに変更しました。
ZBX-13718 チェックボックス範囲ライブラリにキャッシュされたチェックボックスの選択を修正
ZBX-13647 固定定義のデフォルト検出アクションメッセージ
ZBX-12115 変更されたAPIはlastvalueを返し、prevvalueは値のないテキストベースの項目を返します
ZBX-14409 固定アイコンマッピング式検証
ZBX-14402 固定の内部項目パラメータが文書と一致しません
ZBX-11989 イベント相関ルールの固定条件演算子
ZBX-13779 リダイレクトボタンのリンクを複数の場所で修正
ZBXNEXT-4361 選択したブレッドクラムの項目スタイルを修正しました。固定アクティブ時間範囲タブホバーカーソルスタイル
ZBX-14420 地図要素のコンテキストメニューの「問題」画面へのリンクを修正
ZBX-12957 サーバーとプロキシの受信パケットの時間調整を削除しました
ZABX-12171 テンプレートApp Zabbix Proxyに欠落している項目zabbix [プロセス、VMコレクタ、平均、ビジー]とzabbix [vmware、buffer、pfree]を追加しました
BX-14388 完全履歴キャッシュに関するZ固定ログメッセージ
ZBX-13283 トリガー重大度およびユーザー管理ページでインフォメーションラベルを削除しました。
ZBX-6046 空の64ビットカウンタを持つSolarisの関数 'net.if. *'を修正しました
ZBX-13355 固定メディアタイプ必須のパスワードフィールドが空であり、ブラウザによって保存されたパスワードを自動入力できないようにしながら、検証を成功させる
ZBX-13701 固定ページ・リフレッシュ時のヒントボックスの乗算
ZBX-14398 Zabbixエージェント設定ファイルの "Server"パラメータの説明を改善しました
ZBX-14344 「Monitoring」 - >「Problems」ビューで問題名で問題をフィルタリングする際に固定ホストグループ、ホスト、およびアプリケーションが考慮されていない
ZBX-11434 SNMP OIDフィールドのためにLLD SNMP項目の作成が失敗したときにエラーメッセージを追加しました
ZBX-12250 logrt
ログファイルが一致していない場合にログファイルを最初から分析し、前にログファイルを表示しなかった項目
ZBX-13765 ダウンし、そのホスト上でサービスが検出された場合に、検出されたホストステータスの更新が修正されました
ZABX-12070 "proc.num"と "proc.mem"項目を修正しました.zabbix_agentdがテストモードで呼び出されたときの値の計算
ZBX-14423 アプリケーション発見時に初期化された変数の固定使用
ZBX-12990 パフォーマンスカウンターの使い方で "vmware.hv.datastore.size"を改善
ZBXNEXT-4540 同じタグがOR条件と結合されていない問題を修正しました。
ZBXNEXT-4576 統一ダッシュボードウィジェットのコンテンツマージン
ZBX-12965 - 夏時間の変更中にスケジュールされたチェック計算を修正
ZBX-13712 item.updateおよびitemprototypr.updateメソッドの "未定義インデックス:master_itemid"およびSQLエラーを修正しました。発見されたアイテムの固定アップデート
ZBX-14329 マップのマップを開くエラーを修正しました
ZBX-13549 モニタされていないトリガをマップに表示することを修正しました
ZBX-13783 フロントエンドのアイテムキー検証からZapcatスタイルおよびマルチレベルのパラメータ配列のサポートを廃止
ZBX-12359 "自動アイコン選択"チェックボックスが機能していなかったため、マップコンストラクタに一度に2つのアイコンが表示されました
ZBX-12239 空の検索クエリを提出することを可能にする固定グローバル検索フォーム
ZBX-12177 ネットワークマップのプロパティとコンストラクタの "Icon"から "Map element"に改名されました
ZBX-14333 Zabbixサーバーで実行されたときに{ESC.HISTORY}とアクションログがターゲットホストのないコロンを表示しないよう修正
ZBX-14345 データ損失を避けるためにMySQLでロック待ちのタイムアウトエラーを修正しました。
ZBX-13361 既存のアイテムを更新間隔に設定する際のエラーメッセージが修正されました
ZBX-14328 コマンド実行失敗のログを改善
ZBX-13803 DESTDIR変数を尊重して "make install"を修正しました。これはパッケージングに不可欠です
ZBX-12603 ダッシュボードの共有とプロパティダイアログでのタブナビゲーションとキーボードの対話を修正。ポップアップ内に検証を追加
ZBX-13043 ユーザーがメディアを定義しているがすべてが無効の場合のエラーメッセージを削除しました
BX-14312 ハウスキーパーがイベントを削除しているときにZヒストリsyncerのデッドロックを修正しました
ZBX-13697 デフォルトの認証方法を変更するとセッションが期限切れになる
ZBX-13768 テンプレート化されたアイテムプリプロセッサ形式で表示されている無効な「追加」ボタンを修正しました
ZBX-13680 既存の操作IDがサブミットされているためにアクションがクローンされません
ZBX-13775 地図ツリーウィジェットの境界線の色が固定されています
ZBX-13780 固定ステータスカラースタイル
ZBX-12350 固定重大度ピッカースタイル
ZBX-13782 JSONでのUnicode文字の固定デコード
ZBX-13767 "未定義インデックス:確認応答"問題のエラーページを修正しました
ZBX-12175 長い名前の名前付き固定サブフォルダエントリを画面外に出す
ZBX-12644 可用性レポートページでページ番号を使用すると、固定フィルタが部分的にリセットされる
ZBX-12390 1秒以内の項目値が誤った履歴順で受信された場合、トリガーが正しい値を使用しないことがある問題を修正
ZBX-13788 固定ホストの可用性がプロキシの変更後に不明な状態になる
ZBX-14313 複数のタグが設定されている場合のトリガレベル相関の固定
ZBX-12372 項目 "web.page。*"の第2パラメータ "path"のプレフィックス "/"の複製が修正されました
ZBX-14315 エージェントの "vfs.dir.size"の "max_depth"の検証を修正しました
ZBX-13778 JSON Pathパーサーで論理的にデッドコードが修正されました
ZBX-14337 地図ナビゲーションツリーウィジェットで永続的なxssを修正
ZBX-14336 サービスにおける持続的なxssの脆弱性が修正されました
ZBX-13750 修正ダッシュボードキャンセルボタンのための固定ホバリングとフォーカススタイル、改良されたトップナビゲーションCSSのコーディングスタイル
ZBX-13694 スケジューラ設定エラーのある項目のチェックを今すぐ無効にする
ZBX-9882 アイテムキーパラメータでZapcatスタイルとマルチレベルの配列タイプのサポートを削除しました
ZBX-12821 複数のJavaScriptのメモリリークが修正されました
ZBX-13755 32ビットZabbixサーバーでのプロキシ最終アクセス更新の修正
ZBX-12425 "プレーンテキスト"画面要素でのWebアイテムの固定選択
ZBX-13781 Zabbix AgentdのCRLF注入を修正
ZBX-13737 トリガ、アイテム、およびホストのプロトタイプを一括して有効または無効にするときに無効な確認メッセージを修正しました
ZBX-13766 式での2つの大きな浮動小数点数の固定比較
ZBX-13481 SNMP応答でBITSデータ型の解析が正しくない
ZBX-13744 アイテムが削除されたときに共有メモリリークを修正しました
ZBX-13742 トリガ式の演算子「not」の固定解析
ZBX-13535 '高エラー率'トリガ用の固定トリガリカバリ式
ZBX-13278 'リンクダウン'トリガの固定トリガ式
ZBX-12805 hp-uxシステムのproc.numチェックのコマンドライン制限を増加
ZBX-13749 アイテムウィザードから依存アイテムの作成が修正されました
ZBX-13660 PID、ポート、プロセス番号を変換するためのis_ushort()に渡される固定データ型
ZBX-12935、ZBX-13539 「Latest data」ページの浮動小数点値の表示を固定しました。
ZBX-13579 非収集データ期間にエージェントが使用可能になったときに不要なデータが取得される問題を修正
ZBX-13240 フロントエンドから重複したHTML IDを削除し、トリガウィザードで固定SIDの検証を行った
ZBX-13685 フィルタ適用時にリストに表示される固定保守エントリ
ZBX-12756 iconvライブラリをチェックするconfigureスクリプトを改良
ZBX-13667 zabbixサーバのログに、elasticsearch json応答の「エラー」に関する通知を追加しました
ZBX-13683 複数選択項目が名前でソートされていない問題を修正しました
ZBX-13299 初期化されていない重大度のために自動登録、検出および内部通知が送信されないという修正済み
ZBX-13607 タイムアウトの場合にも成功を返すようにpingスクリプトを変更しました
ZBX-12967 固定スライドショーのリフレッシュ間隔乗数メニューが機能しません
ZBX-13696 ハウスキーピングの古いセッションの削除に最大限のレコード制限を追加しました
ZBX-13642 未定義インデックスをユーザ編集フォームで修正しました
ZBX-13546 マップ内でコンテキストメニューを固定しました。
ZBX-13668 項目プロトタイプの項目キーを検索する固定動的ウィジェット
ZBX-13500 トリガの端数なしで誤って解釈されている固定小数値
ZBX-13561 最初のアイテムにデータがないときに、不正に表示された円グラフが修正されました
ZBX-13517 未定義インデックスを円グラフで修正しました
ZBX-13499 問題テーブルの固定チェックボックスセレクタ
ZBX-13598 Zabbixプロセスが前処理サービスに接続できないときにクラッシュしました。
ZBX-13522 トリガ式のコンストラクタに重複したIDを修正しました
ZBX-13489 グラフウィジェット内で間違ったタブの反復を修正しました
ZBX-13625 問題ウィジェットで点滅を修正しました
ZBX-13560 イベントポップアップに固定確認通知が表示される
ZBX-13298 不具合のあるグラフの編集フォームの送信後に不足しているグラフが修正されました
ZBX-13487 改良されたウィジェットのメニューアイコンは、
ZBX-13350 ./configureと--helpオプションを実行した後、複数のZabbix要素のデフォルトパスを出力に追加しました
ZBX-13509 SolarisおよびNetBSD用のソースからのコンパイルサポートの改善
ZBX-13542 ホストのアプリケーション設定を継承しないテンプレートでhttpステップを修正しました。
ZBX-13618 翻訳可能なエラーメッセージで間違った変数の順序を修正しました
ZBX-13344 デフォルトの「メンテナンス中でない」状態のトリガベースのアクションを修正
ZBX-13613 バックエンドのelasticsearchが利用できない場合、履歴syncerを改善しました
ZBX-13510 NetBSD用の "make dbschema"の実行エラーを修正しました
ZBX-13544 Mac OSX用の「ログ」項目でregexを使用すると、固定エージェントがクラッシュする
ZBX-13611 lldルールが常に状態/エラーメッセージの変更を保存するとは限りません
ZBX-13571 固定された回帰により、パーティションテーブルの履歴データクエリが遅くなりました
ZBX-13490 オートフォーカスをフォームに固定
ZBX-13470 IPMIアイテムのフルネーム検索を改善
ZBX-13566 ダッシュボードリストのダッシュボードボタンサイズを修正
ZBX-13464 固定フルスクリーン属性がホストのコンテキストメニューリンクに含まれています
ZBX-13424 マスターアイテムとしてウェブアイテムを選択する可能性を追加し、デスティネーションホストとテンプレートへの依存アイテムのコピーを改善しました
ZBX-13573 未定義のインデックスメッセージが変更された不具合を修正しました "リモートコマンド"から "すべての関係者に通知"
ZBX-13570 API呼び出しでの未定義インデックスの修正
ZBX-13331 action.get APIメソッドの応答から "recovery"プロパティを削除しました
ZBX-13309 問題/回復時間の固定表示
ZBX-13450 Solaris 10の固定サーバーおよびプロキシコンパイルの問題
ZBX-13458、ZBX-13494 スーパーユーザー以外のユーザーのマップラベル内のマクロの解決を修正
ZBX-13526 ダッシュボードの編集中にサイズ変更ではなくジャンプする固定ウィジェットプレースホルダ
ZBX-13362 PostgreSQLのハウスキーピングで間違った行を削除することを修正しました
ZBX-13506 固定リンクトリガが兄弟マップ要素に移動されました
ZBX-13586 固定トリガベースのイベント相関 - 問題が回復しない場合、イベントの作成を中断します。
ZBX-13339 メモリの解放を改善しました
ZBX-13412 アイテムタイプ、情報タイプを変更するときにJSエラーと誤ったフォーム動作を修正しました
ZBX-13471 選択された項目フィルタのコントラストが固定されました
ZBX-13428 地図ウィジェット内の戻る外線ボタンのロングネーム固定
ZBX-13340 不正なデータを表示する固定円グラフ
ZBX-13257 最新のアイテムの監査ログへの固定表示
ZBX-13447 ダークテーマで地図上にトリガ名の読みやすさを固定
ZBX-11994 "Last Changed Revision"に関する情報を得るために "awk"を "sed"に変更しました
ZBX-13360 以前は実際の入力データのように表示されていたHTML5プレースホルダの色を修正しました
ZBX-13351 OpenSSLのエラーメッセージを改善
ZBX-13147 マップナビゲーションツリー上で矛盾した番号が修正されました
ZBX-13537 Dashboard Systemのステータスウィジェットの[Inaccessible user]が確認応答のポップアップを修正しました
ZBX-13472「Server」および「ServerActive」構成オプションの説明が修正されました
ZBX-13455 テンプレートをLLDホストにリンクできない場合、フロントエンドエラーメッセージを追加しました
ZBX-13538 Elasticsearchの固定構成例
ZBX-13434 トリガを複数のホストにコピーした後、誤ったトリガ依存関係が設定されていた問題を修正しました。パッチのためのKotaro Miyashitaに感謝します
ZBX-13513 スクリプトのタイプのメディアのユーザーの入力maxlengthを修正しました。
ZBX-13523 エージェントがアクセス権のために接続を切断した場合の空のTCP応答のエラーメッセージが修正されました
ZBX-12883 地図を保存した後、トリガのリストの順序を間違える問題を修正しました
ZBXNEXT-4150 ヒントボックス内の固定URL表示とラジオボタンのフォーカススタイル
ZBX-12940 固定コンテンツがダイアログウィンドウに収まらない
ZBX-13342 フロントエンドのクエリで固定オーダーのメンテナンスタブ
ZBX-13401 無効な更新間隔でアイテムの一括更新を成功させました
ZBX-6167 メンテナンス時に部分的な更新が修正されました。
ZBX-13062 メトリクスコレクションのスレッドでmutexを使用できない
ZBX-13236 関数パラメータのエラーメッセージを修正しました。
ZBX-10433 不正確な設定のデフォルト値を削除しました
ZBX-13398 Debian GNU / Linux "buster"と "sid"のPostgreSQLで動作するように修正されたconfigureスクリプト
ZBX-12754 マップのインポートで未定義のインデックスエラーが修正されました
ZBX-13303 ユーザメディアの表示が改善されました。「重大度の場合に使用」インジケータ
ZBX-13166 現在の日/うるう年の最終日を除く毎日および毎年の通知レポートを修正しました
ZBX-13118 複数行に分割してアクションログの電子メールを読みやすくしました
ZBX-13498は 「問題」テーブル用のオプションのMySQLアップグレードパッチを追加して、外部キー制約を適用するために使用できる別のインデックスを作成した後に冗長インデックスを削除しました
ZBX-13430 elasticsearchが設定されている場合、未初期化値ttlの固定使用
ZBX-13452 修正された弾性検索履歴のデフォルト値の種類
ZBX-13248 トラッパーitem.createのフィールドtrapper_hostsをオプションに固定しました。
ZBX-13307 地図スケーリングと位置をウィジェットの左側に固定
ZBX-12941 チェックボックスオーバーレイの位置をチェックボックスの上に固定
ZBX-13465 サブマップ上に戻るボタンスタイルを修正
ZBX-13334 ウィジェットパラメータウィンドウの固定翻訳
ZBX-6118 多くのホストにリンクしているテンプレート上の項目を変更するというパフォーマンスが改善されていません
ZBX-13454 管理 - >スクリプトフォームの固定プレースホルダ
ZBX-13403 プロキシが暗号化された接続を使用してエージェント上でリモートコマンドを実行できるようにしました
ZBX-13441 VMwareハイパーバイザ検出中に障害(タイムアウトなど)が発生した場合のクラッシュを修正
ZBX-12607 map.get APIメソッドとマップ関連のビューの固定のパフォーマンス
ZBX-11391 LLDマクロを展開すると空のタグ名が返された場合、エラーが発生しました
ZBX-13300 固定addJsFile()の名前
ZBX-13030 プロキシがロード可能なモジュールを介して未処理の履歴データをエクスポートする機能を削除しました
ZBXNEXT-3581 プレーンテキストプロトコルのサポートを無効にし、ヘッダーを必須にしました。 Zabbix get要求にヘッダを含めることによる固定IP断片化処理、Zabbixサーバ/プロキシパッシブチェック要求、Zabbixサーバへのフロントエンド要求
ZBX-13194 zabbixの誤った処理を修正しました[wcache、value、*]内部チェック
ZBX-13060 無意味なサーバー再接続の試行を間違って設定したパッシブプロキシに制限を加えました
ZBX-13233 Linuxプラットフォーム向けに「アクティブ」、「anon」、「非アクティブ」、「スラブ」の新しいメモリメトリックを追加しました。元のパッチのTomaszKłoczkoに感謝します
ZBX-12643 空の "users"テーブルのためにZabbixサーバデータベースを使用できない場合のエラーログメッセージの改善
ZBX-11720 LeakSanitizerでコンパイルした場合、vfs.fs.size、vfs.fs.inode、およびvfs.dir.size項目を壊す固定メモリリーク
ZBX-13131 ネットワーク検出から切り捨てられた複数行のテキスト値を修正しました。SNMPチェック
ZBX-13117 Windows上のシンボルリンクでvfs.dir.sizeを修正しました
ZBX-12045 configure -h出力の不整合を修正しました
ZBX-13325 Oracleバックエンドによるtrend.get()メソッドの修正
ZBX-13223 グラフプレビューでの固定グラフの複製
ZBX-13345 画面編集モードでURLからSIDを削除しました
ZBX-13055 NetBSD上のDNSリゾルバインタフェースに関する問題を修正
ZBX-13214 regsubおよびiregsubメソッドの\ 0マッチンググループのサポートを追加しました。
ZBX-13208 前処理ステップの同期が完了する前に新しく作成されたアイテムの履歴収集を開始させる競合状態を解消しました
ZBX-13246 AIX上のproc.numおよびproc.mem項目で2KBを超えるコマンドライン引数の固定処理
ZBX-13130 サーバーがデータを受け入れない場合、高いネットワークトラフィックを生成しないようにZabbixプロキシを修正
ZBX-13288 地図要素の一括更新のための固定画像ゴースト
ZBX-11422 OS X 64ビット環境でのコンパイル警告の修正
ZBX-13276 6.0以降のElasticsearchバージョンとの互換性の問題が修正されました
ZBX-13196 コミット操作時のトランザクション・エラー・フラグの設定を修正しました。
ZBX-13221 オーバーレイダイアログの値のトリミングを修正
ZBX-13221 Webシナリオステップオーバレイダイアログで「タイムアウト」検証を追加しました
ZBX-12389 固定の最新データホストグループフィルタ
ZBX-13119 マップコンストラクタアイテムモーダルフォームのトリガ選択ウィンドウで「空の」ボタンを削除しました
ZBX-12661 修正済みの依存項目の低レベル検出が編集され、定義されていないオフセットエラーまたは外部キー制約違反
ZBX-13254 log 、log.count 、logrt 、logrt.count ログファイルが最初に存在しない場合の項目
ZBX-13253 'skip'パラメータが使用され、ログファイルが最初は空の場合、log およびlogrt によって1番目のレコードが失われることを修正しました
ZBX-13275 MySQLのイベントの遅いハウスキーピングを修正
ZBX-13264 OS / X上のZabbixエージェントコンパイルを修正しました。
ZBX-13245 ZabbixプロキシへのZabbixサーバの応答で固定IPフラグメンテーション処理を行いました
ZBX-13258 調整されていないユーザーグループのアクセス許可コントロールが修正されました
ZBX-13031 libpcreなしのJavaゲートウェイコンパイルの修正
ZBX-12963 引数をリテラル$を含む外部チェック項目に渡しました。
ZBX-12991 maintenance.create APIメソッドの "active_since"フィールドと "active_till"フィールドのデフォルト値を削除しました。
ZBX-13270 グローバルスクリプトフォームに必要なホスト許可ラジオのデフォルトの選択を修正しました。
ZBX-12758 外部キーの索引が欠落しているためにイベントの管理が遅くなりました
ZBX-11305 イベント詳細ページのイベントステータスのカラーとラベルを固定
ZBX-13238 Elasticsearchのスペルを修正しました
ZBX-13056 キーボードを使用して開いたときにコンテキストメニューの位置が正しくないという修正
ZBX-13241 リモートコマンドをプロキシ経由で実行すると、Zabbixサーバーでメモリリークが修正されました。
ZBXNEXT-4139 トリガ・マップ要素のイベントログの重大度と重大度の表示を修正しました。
ZBX-13178 エラーメッセージのipc_path値を修正しました
ZBX-12251 履歴同期のトランザクションエラーにより、PROBLEMまたはOK状態でトリガステータスが滞っている可能性が修正されました。回復可能なエラーのリストにデッドロックが追加されました
ZBX-12251 回復可能なトランザクションエラーのために、新しい履歴値が失われ、ZabbixサーバまたはZabbixプロキシによって処理されない可能性が修正されました
ZBX-12996 保守期間設定でラジオボタンとラベルの不一致が修正されました
ZBX-12895 アラートテーブルのデータを更新するためのDBパッチのパフォーマンスを向上
ZBX-12082 マルチセレクションで同名のトリガを選択する可能性が修正されました
ZBX-12983 Windowsでのコンパイル警告の修正
ZBX-10578 冗長なinit_result()呼び出しを修正しました。パッチのための松田大樹のおかげで
ZBX-12793 ソース構成中の固定システムコンパイラチェック
ZBX-11970 いくつかの列挙子と構造体型宣言の固定スタイル

 

 

 

 

www.slideshare.net

github.com

www.facebook.com

twitter.com

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
Linux

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
オープンソース

 

 

Opensourcetech by Takahiro Kujirai