Opensourcetechブログ

OpensourcetechによるNGINX/Zabbix/Neo4j/Linuxなどオープンソース技術に関するブログです。

nginx unit-1.19.0 released.


LinuCエヴァンジェリストの鯨井貴博@opensourcetechです。

nginx unitの最新バージョン1.19.0がリリースされました。
f:id:opensourcetech:20200818161755p:plain http://nginx.org/

更新内容は、以下の通り。

Changes with Unit 1.19.0                                         13 Aug 2020
 *) Feature: reworked IPC between the router process and the applications to lower latencies, increase performance, and improve scalability.
 *) Feature: support for an arbitrary number of wildcards in route matching patterns.
 *) Feature: chunked transfer encoding in proxy responses.
 *) Feature: basic variables support in the "pass" option.
 *) Feature: compatibility with PHP 8 Beta 1. Thanks to Remi Collet.
 *) Bugfix: the router process could crash while passing requests to an application under high load.
 *) Bugfix: a number of language modules failed to build on some systems; the bug had appeared in 1.18.0.
 *) Bugfix: time in error log messages from PHP applications could lag.
 *) Bugfix: reconfiguration requests could hang if an application had failed to start; the bug had appeared in 1.18.0.
 *) Bugfix: memory leak during reconfiguration.
 *) Bugfix: the daemon didn't start without language modules; the bug had appeared in 1.18.0.
 *) Bugfix: the router process could crash at exit.
 *) Bugfix: Node.js applications could crash at exit.
 *) Bugfix: the Ruby module could be linked against a wrong library version.



日本語訳は、以下となります。

Changes with Unit 1.19.0                                         13 Aug 2020
*)機能追加:ルータープロセスとアプリケーション間のIPCを作り直し、レイテンシを短縮し、パフォーマンスを向上させ、スケーラビリティを向上させました。
 *)機能追加:ルートマッチングパターンでの任意の数のワイルドカードのサポート。
 *)機能追加:プロキシ応答のチャンク転送エンコーディング。
 *)機能追加:"pass"オプションにおける基本変数のサポート。
 *)機能追加:PHP 8 Beta 1との互換性。RemiColletに感謝します。
 *)バグ修正:高負荷のアプリケーションにリクエストを渡すときに、ルータープロセスがクラッシュすることがありました。
 *)バグ修正:一部のシステムでいくつかの言語モジュールをビルドできませんでした。このバグは1.18.0で発生しました。
 *)バグ修正:PHPアプリケーションからのエラーログメッセージの時間が遅れることがありました。
 *)バグ修正:アプリケーションの起動に失敗した場合、再構成要求がハングすることがありました。このバグは1.18.0で発生しました。
 *)バグ修正:再構成中のメモリリーク。
 *)バグ修正:デーモンは言語モジュールなしでは起動しませんでした。このバグは1.18.0で発生しました。
 *)バグ修正:ルータープロセスが終了時にクラッシュすることがありました。
 *)バグ修正:Node.jsアプリケーションが終了時にクラッシュすることがありました。
 *)バグ修正:Rubyモジュールが誤ったライブラリバージョンに対してリンクされる可能性がありました。

Opensourcetech by Takahiro Kujirai